ヘッドスパサロンを探す

こだわりの条件

ヘッドスパ講座

ヘッドスパとは 効果・効能
人気の秘密 自宅でヘッドスパ

ヘアケア講座

日常のトラブル 美髪の秘訣
髪の基礎知識 髪の講座
頭皮ケアの講座  

ヘアレシピ

ライフスタイル×ヘアアレンジ

トップス ボトムス
アウター アクセサリー
オフィス コスプレ
トレンド メイク
ブライダル 学校
女子会 スポーツ
デート  

イベント×ヘアアレンジ

1月 2月
3月 4月
5月 6月
7月 8月
9月 10月
11月 12月

その他のコンテンツ

特集記事 ヘッドスパ診断
前髪美人 ギフトクーポン
ノンシリコンシャンプー特集 ヘアケア用語集
ご利用ガイド クーポンのご利用について
よくあるお問い合わせ  
 

髪がパサパサになる原因と正しい対策について

About the cause of flaky hair

シャンプーの種類

シャンプーにも様々な種類があります。

髪というのは「水分」と「油分」が少なくなってくるとパサパサになってくる傾向にあります。

皆さんが食べている「ご飯」を考えれば分かりやすいですが、水分を含むとツヤツヤになり、さらに脂分を加えてあげるとツヤツヤ度に磨きが掛かります。

しかし、干からびてカピカピになるとパサついて色も悪くなり、とても食べられるものではなくなるでしょう。それと同じことが髪にも言えます。

髪のパサつきは印象を左右するポイント。意外と見られているかもしれませんよ。その原因と上手なヘアケア方法をご紹介します!

髪がパサパサになる原因

髪がパサパサになる原因
髪がパサパサになる原因は、主に次のようなものがあります。

髪がパサパサになる原因① シャンプーによる刺激

市販されているシャンプーは、界面活性剤という刺激の強い薬品を配合した洗浄力の強いものが一般的です。安くてコストパフォーマンスが良い上に、洗浄力が強いので、洗い終わった後もスッキリとします。

しかし、髪に必要な水分や油分まで洗い流してしまうので、パサパサ髪になりやすい傾向にもあります。

髪がパサパサになる原因② 繰り返すカラーリングやパーマなどによる刺激

ヘアカラーやパーマスタイルはオシャレを楽しめる反面、髪にとっては刺激になっているものです。

美容院で施術してもらうとしても、プロが使用する薬剤は強いもの。ですからトリートメントを勧められることが多いのです。

髪がパサパサになる原因③ 紫外線(直射日光)による刺激

真夏だけでなく、春先や曇りの日でも紫外線は降り注いでいます。顔や身体には日焼け止めを欠かさないのに、髪への対策を忘れていませんか?

肌の日焼けと同様、髪も日焼けし刺激を受けます。

紫外線でキューティクルが剥がれることで、どんどんパサパサになっていくのです。

髪がパサパサになる原因④ 乾燥によるもの

乾燥=冬を思い浮かべるかと思いますが、夏にもエアコンの影響で空気は乾燥しています

それにさらされている髪も気づかないうちに乾燥しパサパサになってしまいます。

また、髪を乾かす際、ドライヤーを毛先にばかり当てていませんか?毛先は乾燥しやすいので、乾かすのは仕上げで充分。間違った乾かし方も、髪がパサつく原因となります。

髪がパサパサになる原因⑤ 地肌のトラブル

髪の毛は地肌(頭皮)から生えているため、地肌にトラブルを抱えていると髪の毛もパサパサになることがあります。

地肌のベタつきや、臭いが気になるなどのトラブルはありませんか?

シャンプーの流し残しや髪の乾かし残しが原因で地肌トラブルを引き起こし、更には髪がパサパサになってしまうのです。

日々のシャンプーやヘアドライは馬鹿にできませんよ。

髪がパサパサになる原因⑥ 髪への摩擦

絡んでいるから無理矢理に、もしくはサラサラにしたいと過度にブラッシングをしていませんか?また、髪が濡れたまま寝ることはありませんか?

これらのことは摩擦を引き起こし、キューティクルが剥がれてツヤがなくなる原因になります。

パサパサの髪をケアする方法

パサパサの髪をケアする方法
家庭でもできるパサついた髪のケアには、トリートメントやヘアマスク、ヘアパックが挙げられます。

普段、シャンプー後に使用することが多いコンディショナーですが、コンディショナーは髪の外側をケアするもの。

パサパサになっている時はコンディショナーではなく、髪の内側に浸透するトリートメントが効果的です。

トリートメント剤は頭皮を避け、しばらく時間をおいてからすすぎましょう。

ヘアマスクはトリートメントと同様、髪を内側から補修するものです。

特にパサつきが気になる部分に塗り、お湯で濡らして絞ったタオルで髪を包んでしばらく時間をおいてからすすぎます。

市販されているものもトリートメントより効果が高いものが多いです。

ヘアパックは、最近注目されている手作りのものもオススメ。
ココナッツオイルやアボカド、バナナやオリーブオイルなど、口に入れても安全なもので作るレシピが話題です。

髪のパサつきを予防するヘアケア方法

髪がパサパサになる原因とその対策
髪のパサつきの原因となるのは、髪への刺激・乾燥・地肌トラブル・摩擦です。

髪をケアする方法はありますが、髪がパサパサにならないよう、できるケアは事前にやっておきましょう。

髪のパサつきを予防するヘアケア方法① シャンプーは刺激の少ないものに

パサパサ髪には、「水分を補給する」「油分を奪いすぎない」という点を上手にできるシャンプーが良いシャンプーといえます。

髪の為には添加物が少なく、保湿成分が配合されており、さらに、アミノ酸系の洗浄成分を使用しているシャンプーを選ぶことが大切です。

他の商品と比べると、やや値段が高いのがデメリットですが、パサパサの髪に潤いを与えてくれますので、徐々にツヤが生まれてくるでしょう。

髪のパサつきを予防するヘアケア方法② 髪への刺激を最小限に!

ヘアカラーやパーマをかける際は、トリートメントとセットで考えておくのが良いでしょう。
美容院での施術はプロが施す分、強い薬剤を使っています。美容師が勧めるのもダメージを受けることが分かっているからなのです。

また外出の際、髪への刺激を考えて帽子をかぶることも有効です。夏や特に紫外線が強そうな日には、髪用の日焼け止めスプレーを使いましょう。

髪のパサつきを予防するヘアケア方法③ 乾燥対策は毎日の積み重ねで!

髪の乾燥は、空気の乾燥だけでなく毎日のヘアドライも影響しています。毛先を乾燥させすぎないよう注意しつつ、髪全体はしっかりと乾かすことが大切です。

ドライヤーを使うときは頭皮近くの髪を中心に、最後に毛先を乾かすイメージで乾かしていきましょう。

またエアコンを使っている時や秋冬の空気の乾燥が気になる季節には、加湿器を使うのも効果的です。

髪のパサつきを予防するヘアケア方法④ 髪の健康を守るために地肌から健やかに!

地肌トラブルは髪にも影響します。

シャンプーは地肌から洗うようにしてしっかりと流すこと、コンディショナーは地肌につけないように使うこと。

これだけでも日々の積み重ねで地肌トラブルは少なくなります。

もう一歩健やかな地肌を目指すのであれば、ヘッドスパを受けるのも◎。地肌と髪の状態をリセットさせてくれますよ。

髪のパサつきを予防するヘアケア方法⑤ 髪の摩擦もケア

髪の摩擦を防止するために、シャンプーの前にはブラッシングしてからにすること。ですが無理にとかすとかえって髪をパサパサにしてしまう原因にも。

手で大まかな絡みを取ってから、を心掛けてくださいね。
就寝時に髪を緩く結ぶのも、寝ている間の髪の摩擦を防いでくれますよ。

このように日頃からケアを心がけて、パサパサ髪を予防しましょう。

記事が気に入ったら「いいね!」お願いします。

頭美人では、髪や頭についての気になる記事をご紹介!

髪の講座

髪の講座

あなたにおすすめのヘッドスパクーポン

あなたにおすすめのヘッドスパクーポン

薄毛や抜け毛の予防におすすめのノンシリコンシャンプー

おすすめノンシリコンシャンプー

ヘアケア記事一覧

ヘッドスパ診断

  • 炭酸泉ヘッドソーダスパって?
  • ノンシリコンシャンプー特集
  • おうちで試してみませんか?
  • ヘアケア用語集

人気ページランキング

人気ページランキング

2017年08月17日更新

おすすめクチコミ

おすすめクチコミ

ワヤンプリ 銀座店

中央区 / 銀座

ワヤンプリ 銀座店

店内がリゾート地みたいで、普段と違う空気が楽しめます!観葉植物と心地よいアロマの香りでとても安らぐ…続きを読む

Simple idea Relax 銀座店

中央区 / 銀座

Simple idea Relax 銀座店

ヘッドスパ初体験でしたが、とーってもよかったです! 店内はとても清潔感があって、スタッフの方も皆さん笑…続きを読む

Syma(シーマ)銀座店

銀座一丁目 / 有楽町

Syma(シーマ)銀座店

デスクワークでガチガチになった肩もほぐしてもらいたかったので、肩のマッサージが付いている「頭皮重視脳ほ…続きを読む

頭美人へのご意見・ご要望や
掲載してほしい店舗など
なんでもお聞かせください♪

メールアドレス(任意)

ご意見・ご要望など

ご返信が必要な方は必ず
メールアドレスをご入力ください。