ヘッドスパサロンを探す

こだわりの条件

ヘッドスパ講座

ヘッドスパとは 効果・効能
人気の秘密 自宅でヘッドスパ
お店の選び方 施術の流れ
お悩みQ&A

ヘアケア講座

日常のトラブル 美髪の秘訣
髪の基礎知識 髪の講座
頭皮ケアの講座  

ヘアレシピ

ヘアスタイル×ヘアアレンジ

トップス ボトムス
アウター アクセサリー
オフィス コスプレ
トレンド メイク
ブライダル 学校
女子会 スポーツ
デート  

イベント×ヘアアレンジ

1月 2月
3月 4月
5月 6月
7月 8月
9月 10月
11月 12月

その他のコンテンツ

特集記事 ヘッドスパ診断
前髪美人 ギフトクーポン
ノンシリコンシャンプー特集 ヘアケア用語集
ご利用ガイド クーポンのご利用について
よくあるお問い合わせ 炭酸ヘッドスパ
 

「紫外線」や「静電気」を乗り越えて、冬も美髪をキープしよう

Let's overcome "UV" and "Static electricity" to keep your hair beautiful in winter.

「紫外線」や「静電気」を乗り越えて、冬も美髪をキープしよう

冬は意外とヘアトラブルの多い季節。

今回は、冬に起こる様々なトラブルをご紹介します。

雪が与える髪への影響

雪は酸性なので、髪の表面に吸着するとキューティクルがはがれてしまう危険性をはらんでいます。

キューティクルは酸性に弱いというわけではないのですが、pHと呼ばれる髪の性質に対して雪のpHが低いため、酸性の度合いが強すぎて髪を傷つけてしまうリスクがあります。

ちなみに髪の毛は弱酸性程度であれば、キューティクルを損傷するほどの影響はありません。

pHの値で言うと、4.5から5.5ぐらいに保たれているシャンプーやヘアカラーであれば問題ないということになります。

雪の場合は、pHの値が4.1程度なので、髪の理想的なpHからはやや低い数値となっています。

また、水道水は中性なので、ややアルカリ度の高い水分ということになります。

こちらも極端にアルカリ性が強いというわけではないので、髪を損傷するまでには至らないでしょう。

髪に常時、雪が付いている場合は別ですが、ちょっと髪に雪がついてしまってもすぐに払い落とす分には問題ないでしょう。

ただ、スキーやスノボーなどをして雪が常に降っている状態の時は、髪を守るケアを怠らないようにしましょう。

美髪をキープするための雪対策とは

雪が髪に与える影響とは

髪の毛と雪の接触を避けるなら、やはり帽子で隠したり、傘やレインコートなどを着て対策を講じるのが良いですね。

ただ、雪は直接的な作用だけでなく、雪焼けなどの間接的な作用も気をつける必要があります。

雪焼け

雪焼けは地面に積もった雪に反射されて、顔や髪にその紫外線を浴びるという状態です。

雪は光を反射しやすい性質があり、紫外線の弱い冬場であっても、そのまま光を跳ね返してしまう性質があるため、特に雪山にいる方は雪焼けが起こりやすい状態となっています。

例えばスキーをしていて雪が降っていないからといって、帽子を被らなかったり、ゴーグルをしないでいると、肌や髪の毛に紫外線を浴びて黒ずみやソバカスの原因になったり、髪の損傷を招きパサついた状態になることがあります。

スキーをした後に髪がクタクタになっているなどの経験もあるのではないでしょうか。

これは単純に汗をかいて髪が濡れているというわけではなく、表面のキューティクルが紫外線の影響で損傷してしまっているということも考えられます。

つまり、雪のシーズンでは例え雪が降っていなくても、帽子やコートが欠かせないということです。

髪の毛をできるだけ隠すようなスタイルを意識しましょう。

冬だからといって、紫外線量が弱いと油断してはいけません。

冬の紫外線

雪焼けのように、冬でも紫外線の影響を受けることがわかりました。

続いては、紫外線(UV)が髪に与える影響についてご紹介します。

UVとキューティクルとは

UVとは、紫外線のことで、太陽の光に含まれている光線です。

地球上に届いている太陽の光のうちの半分は、私達が見ることのできる可視光線、45パーセントは暖かさを感じる赤外線、残りの5パーセントが紫外線=UVです。

紫外線=UVには、UVA、UVB、UVCという3種類がありますが、このうち地上まで届いて、私達の生活に影響を与えているのはUVAとUVBです。

可視光線や赤外線に比べて、波長が短いUVの中で、最も長い波長をもつUVAは、陽射しの強い夏場だけではなく、1年中私達の肌や髪に影響を与えています。

日常的に太陽光にさらされる仕事についている人に、深いしわが刻まれるのは、UVAによって、肌の内部にある繊維質の細胞が破壊されてしまうからです。

UVBは、春ごろから秋までの間に降り注ぎ、人間の体内に侵入して、細胞を破壊し、日焼けをおこし、シミやシワの原因となったり、遺伝子を変質させ、発ガンの原因になったりします。

紫外線量が最も多くなるのは6月で9月までは、常に紫外線が降り注いでおり、快晴の日はもちろんのこと、雨の日でも快晴の日の30パーセント、曇りの日には、50%程度の紫外線の照射量があります。

また、夏に比べるともちろん少ないですが、冬でも晴れの日は紫外線決して少なくないです。

紫外線の影響は、日焼けのようにすぐ目に見える現象もありますが、もっと怖いのは、体内に蓄積されていく紫外線の影響です。

紫外線から受ける悪影響を少しでも減らすためには、紫外線を浴びないように工夫すること、紫外線を浴びてしまったら、スキンケア、ヘアケアをすることが大切です。

キューティクルとは、髪の毛の表面を覆っている魚のうろこのような形状をした細胞のことで、外部から受ける刺激が髪の毛の内部に浸透させないという働きをしています。

キューティクルが傷んで、ウロコのようになっている層の隙間が空いてしまうと、外部からの刺激が髪の内部に浸透して、髪の毛がダメージを受けてしまいます。

UVとキューティクルの関係

キューティクルが傷んでしまう原因には、ヘアカラーやパーマによる化学的な物質による刺激、ドライヤー、ヘアアイロンなどの熱によるダメージ、ブラッシングやヘアカットによる物理的なダメージの他に紫外線=UVによるダメージがあります。

紫外線=UVによるダメージは、他の原因に比べて、長時間ダメージを受け続けることが多いので、しっかり防ぐことが大切です。

キューティクルは紫外線=UVを浴びると、やけどをしたような状態になってしまうので、髪の毛の色を黒くするメラニン色素が破壊され、髪の毛の色が茶色くなってしまいます。

ヘアカラーをしている髪の毛は、紫外線を吸収して髪の毛を守る役割をするメラニン色素が壊されている為、紫外線から髪の毛を守る機能が低下している状態になっています。

その為、ヘアカラー後は、普段よりさらに日傘をさす、帽子をかぶるなど、紫外線を浴びないための工夫が必要です。

最後に、冬に一番起きやすい静電気についてご紹介します。

静電気が髪に与える影響

冬の静電気

一年の中で一番静電気が起きやすいのが冬だと言われています。

静電気は空気中の水分に放電されやすいのですが、冬は空気中の水分が減り乾燥しています。

水分が少ない事で空気中にそのまま放電してしまい、あの嫌なバチッという静電気が起こりやすいのです。

静電気は物と物がこすれて摩擦が起きると発生しやすくなります。

ブラシ等で髪をとくだけでも静電気は起こるのです。

ヘアケアをしたくても、この静電気が邪魔をして、時には髪の表面や頭皮にまでダメージを与えてしまうこともあります。

髪に静電気が起こると、髪の表面のキューティクルをはがしてしまうことがあります。

そこから髪の栄養分と水分が流れ出てしまうと、パサパサの髪になってしまいます。

こうなると髪の水分が抜けてしまうので、ますます静電気を帯びやすくなり悪循環になります。

さらに静電気によって、髪の表面や頭皮に空気中に舞い上がったホコリや汚れを集めてしまうことがあります。

この汚れには様々な成分が付着しているので、よくない菌がついていたら大変です。

頭皮に付着して頭皮トラブルを起こしたり、頭皮の内側にも入り込んで炎症を起こしたりもします。

かゆみや炎症、抜け毛や切れ毛、最終的には薄毛にもつながります。

冬はどうしても避けられないのが静電気ですので、上手に静電気対策をして大切な頭皮と髪を守っていきましょう。

静電気への対策方法

髪をとにかく健康に保つことが何よりも大切になります。

健康な髪とは、必要な水分量が常に確保されている状態です。健康な髪の水分量は12~13%だと言われています。

健康な髪を作るために、余計な添加物のない良質なシャンプーやコンディショナーで正しくヘアケアをしましょう。

そして、ブラッシングの際は静電気の起こりにくいヘアケア商品を使ってケアします。

櫛・ブラシを変えて、ブラッシングの際には髪をコーティングするヘアケア剤を使用します。

頭皮や髪を傷めない商品を選んでください。

着ている洋服にも工夫が必要です。

どんなに髪をよい状態にしても、衣類が乾燥して静電気を集めやすいものにしていると効果がありません。やはり静電気に悩むことになります。

また、良質な睡眠と栄養で身体を健康に保つことも重要です。

バランスのよい食事を心がける事も忘れてはいけません。健康な食事から髪や身体が作られています。

ストレスをためるのもよくないですし、生活習慣も見直しましょう。

栄養・ストレス・生活習慣が悪いと血行が悪くなり頭皮にも栄養が行かなくなります。

その結果、外からどんなによい物を与えても髪はいつまでも元気になりません。

栄養不足で水分不足の髪では冬の静電気には対抗できませんから、身体の内側から健康になって静電気と戦っていきましょう。

記事が気に入ったら「いいね!」お願いします。

頭美人では、髪や頭についての気になる記事をご紹介!

https://www.atama-bijin.jp/hair_care/wp-content/uploads/2019/03/96c57207a015ee0b5e932d1bedb463b1-wpcf_300x300.jpg

監修者:頭美人運営事務局

頭美人

頭美人は、「健康は頭から」をコンセプトに運営しているヘアケアメディアです。髪や頭の専門家が集まっており、多数のヘアケア関連のサロンも掲載しています。髪や頭の事で悩んでいたら、きっと頭美人が解決してくれるはずですよ!

ネット予約可能な厳選サロン特集!

日常のトラブル

日常のトラブル

仕事のストレス

仕事のストレス

仕事のストレス

仕事でストレスが溜まって、心身ともに調子が良くない。そんな時は、髪の毛にも影響が…

食生活について

食生活について

食生活について

偏った食生活は、肌や身体の調子が崩すだけでなく、髪にも悪影響を及ぼします。

睡眠について

睡眠について

睡眠について

睡眠不足になると体中の血管が収縮され、頭皮に栄養が行き渡らなくなってしまいます。

喫煙について

喫煙について

喫煙について

喫煙は薄毛や抜け毛など、髪や頭皮にも深刻な影響を与えます。

ワックスやスプレー

ワックスやスプレー

ワックスやスプレー

実は髪に良くない成分が配合されているというのはご存知でしたか?

カラーリングやパーマ

カラーリングやパーマ

カラーリングやパーマ

おしゃれのためにカラーリングやパーマを楽しむなら、適切なケアを忘れずに。

ドライヤーについて

ドライヤーについて

ドライヤーについて

間違った使い方は、髪にダメージを与えてしまいます。

ヘアアイロンについて

ヘアアイロンについて

ヘアアイロンについて

枝毛や切れ毛に悩んでいる方、今の髪の状態がどうなっているかご存知でしょうか?

エクステ/ウィッグ

エクステ/ウィッグ

エクステ/ウィッグ

エクステを付けている時のヘアケア方法をご紹介いたします。

季節

季節

季節

季節が変わると同時に髪の悩みにも変化が起きます。それぞれの季節に多い悩みと適切な…

今注目されているヘッドスパクーポン

今注目されているヘッドスパクーポン

薄毛や抜け毛の予防におすすめのノンシリコンシャンプー

おすすめノンシリコンシャンプー

ヘアケア記事一覧

ヘッドスパ診断

  • 炭酸泉ヘッドソーダスパって?
  • ノンシリコンシャンプー特集
  • おうちで試してみませんか?
  • ヘアケア用語集
  • ヘッドスパ体験記

人気ページランキング

人気ページランキング

2020年07月08日更新

おすすめクチコミ

おすすめクチコミ

ワヤンプリ 銀座店

中央区 / 銀座

ワヤンプリ 銀座店

店内がリゾート地みたいで、普段と違う空気が楽しめます!観葉植物と心地よいアロマの香りでとても安らぐ…続きを読む

Simple idea Relax 銀座店

中央区 / 銀座

Simple idea Relax 銀座店

ヘッドスパ初体験でしたが、とーってもよかったです! 店内はとても清潔感があって、スタッフの方も皆さん笑…続きを読む

Syma(シーマ)銀座店

銀座一丁目 / 有楽町

Syma(シーマ)銀座店

デスクワークでガチガチになった肩もほぐしてもらいたかったので、肩のマッサージが付いている「頭皮重視脳ほ…続きを読む

頭美人へのご意見・ご要望や
掲載してほしい店舗など
なんでもお聞かせください♪

メールアドレス(任意)

ご意見・ご要望など

ご返信が必要な方は必ず
メールアドレスをご入力ください。