ヘッドスパサロンを探す

こだわりの条件

ヘッドスパ講座

ヘッドスパとは 効果・効能
人気の秘密 自宅でヘッドスパ
お店の選び方 施術の流れ
お悩みQ&A

ヘアケア講座

日常のトラブル 美髪の秘訣
髪の基礎知識 髪の講座
頭皮ケアの講座  

ヘアレシピ

ヘアスタイル×ヘアアレンジ

トップス ボトムス
アウター アクセサリー
オフィス コスプレ
トレンド メイク
ブライダル 学校
女子会 スポーツ
デート  

イベント×ヘアアレンジ

1月 2月
3月 4月
5月 6月
7月 8月
9月 10月
11月 12月

その他のコンテンツ

特集記事 ヘッドスパ診断
前髪美人 ギフトクーポン
ノンシリコンシャンプー特集 ヘアケア用語集
ご利用ガイド クーポンのご利用について
よくあるお問い合わせ 炭酸ヘッドスパ
 

かつらとウィッグの違いって?失敗しない買い方と正しい使い方について

What is the difference between a "katsura" and a wig? How to buy without fail and correct usage.

かつらとウィッグの違いって?失敗しない買い方と正しい使い方について

髪の毛のボリュームが減ってきたな、という悩みが出来た時に「かつら」や「ウィッグ」を使う方は多いかと思います。

そこで今回は、かつらやウィッグを使ってみようかなと考えている方に向けて、この2つの違いや失敗しない買い方、そして正しい使い方についてご紹介します!

まずは、かつらとウィッグの違いについてご説明します。

かつらとウィッグの違い

かつらとウィッグは、共に頭にかぶることで髪の量を増やすことを目的としたアイテムです。

そのため共通点も多く、明確な違いもありません。

英語表記の場合は、かつらとウィッグは共にwigと書きます。

そのため、英語圏ではかつらとウィッグは、同じものと考えられています。

しかし、日本ではかつらとウィッグは別のものと考えられています。

そして、かつらとウィッグを分けるポイントとして、「薄毛対策かファッション用か」「男女」という二つが大きな要素になっています。

薄毛対策かファッション用か

かつらとウィッグの使用目的は、大きく分けて薄毛対策かファッション用かのどちらかになります。

薄毛対策の場合にはかつらと呼ばれることが多く、ファッション用の場合はウィッグと呼ばれる場合が多くなります。

また、薄毛対策とファッション用のどちらでもない、芝居や演劇用の物はかつらと呼ばれます。

男女

薄毛対策とファッション用という分け方よりも、もっと大雑把な分け方として、使用する人が男性か女性かで分ける場合もあります。

この場合では男性用をかつらと呼び、女性用をウィッグと呼びます。

このようにかつらとウィッグの違いは、製品の構造やスペックなどではなく、使用する人の目的用途に合わせて分けられているのです。

どっちが髪に負担が少ないか

では、かつらとウィッグではどちらが髪に負担が少なくなるのでしょうか?

負担が少ないのはかつらの場合が多いです。

なぜならかつらは、主に薄毛が進行している方に向けての製品です。

そのため、髪への負担をできるだけ少なくするように作られています。

一方ウィッグは、薄毛の発症確率が男性よりも圧倒的に少ない、女性を主なターゲットとした製品です。

そのため多少髪への負担があっても、よりファッション性の高さや見た目の自然さを優先した作りになっている場合が多いのです。

ご自身の使用用途や、髪の状態に合わせて、かつらとウィッグを上手に使い分けましょう!

では実際にウィッグを買うときにはどのようなことに注意したら良いのでしょうか。
ウィッグには様々な種類があるので、まず自分が必要なのはどのウィッグなのかを把握することが大事なんです。

ウィッグの種類

目的も様々でその形状もいろいろあります。
自然なウィッグなら目的に合わせて選んで快適な毎日が送れそうですね。

医療用ウィッグ

ウィッグの内側の、頭皮に直接あたる部分が頭皮を優しく守るような素材で出来ています。

病気やその病気の治療による副作用で脱毛してしまった人のためのウィッグです。医療行為によって用いられます。

フルウィッグ

頭にすっぽりとかぶるタイプを言います。多くのウィッグはこの形状です。

髪質が理想的ではなくスタイリングがままならない場合にもお勧めです。

ファッション用にも広く使われるので様々なヘアスタイルと色合いのウィッグが豊富に出回っています。

特別なテクニックがなくても憧れのヘアスタイルに出来るので試してみたいと思う人も多いのではないでしょうか。

エクステンション

エクステとも言われ、自分の髪の毛の1本に数本装着して増やしていきます。

カラーも選んでアクセントにする人も多いです。

ショートヘアの人が気軽にエクステで長く調節するときに使うようです。

部分ウィッグ

一部の薄毛部分や脱毛部分を隠すようなときに用います。

ファッションで部分的にボリュームを持たせたい場合にも便利です。

ヘアピース

髪の毛の一部分に装着するウィッグの事です。ウィッグが苦手という人におススメです。

気分転換にアクセントに、髪の色で遊べますしヘアスタイルの変化も楽しめます。

自分が必要としているウィッグは見つかりそうですか?

次に、失敗しない買い方についてご説明します。

良いウィッグの選び方とは?

ウィッグはある程度の時間、直接地肌や髪に装着するものです。1年を通して使うなら特に気をつけたいポイントは通気性です。

特に医療用ウィッグなら敏感になっている頭皮に優しく良い素材を選ぶことが大事です。

ファッションウィッグでもフルウィッグなら同じです。通気性にはこだわりましょう。

デザイン性も大切ですし、自然な風合いの良質のもの、つむじも自然な作りになっているものを選ぶのは鉄則です。

不自然なツヤがあると違和感を覚えますし、色味も不自然さがあるとばれてしまいます。

サイズ調整が可能なものでないとすぐに合わなくなって使えなくなります。

特に医療用ウィッグなら、治療の段階的に頭のサイズは変ってきますのでこだわりたいポイントです。

ウィッグは便利な通販で賢く買える時代です。まずは目的に合わせて希望のウィッグの知識を十分に頭に入れておきます。

通販サイトではレビューをよくみて検討して、口コミサイトや比較サイトでの評価をじっくりチェックして参考にしましょう。

ポイントをしっかりと押さえて自分にぴったりの良いウィッグを選びましょう。

ウィッグが手に入ったら、次は実際に使ってみましょう。

ところで皆さんは正しいウィッグの使い方をご存じでしょうか?

毛の素材や種類によって扱い方が変わってきますので、注意が必要なんです。

ウィッグの素材

ウィッグの素材は大きく分けて、「人工毛」・「人毛」・「人毛ミックス」の3タイプに分類されます。

これらの素材には、それぞれ特徴がありメリットやデメリットがあります。

人工毛

人工毛は、ポリエステルに代表される化学繊維を素材としたものです。

材料表示には「ファイバー」と記載されている場合もあります。

値段がリーズナブルかつメンテナンスが簡単というメリットを持っています。

しかし、人毛に比べて自然さという点では劣ります。

また、熱によるダメージに弱いのもデメリットの1つです。

人毛

人毛とは、人間の髪の毛のことです。

感触や見た目が自然なため馴染みやすいのがメリットになります。

また、熱に強いためドライヤーの熱でも傷みにくいです。

しかし、人毛は製造過程で着直が必要なため、色落ちによる劣化が生じます。

色落ちしてしまうと再び染め直す必要があるため、メンテナンス費用がその度にかかってしまうのがデメリットです。

人毛ミックス

人毛ミックスとは、人毛と人工毛を合わせて作ったものです。

そのため、両方のデメリットを補っている性質を持っています。

人工毛の不自然さと人毛のメンテナンスの大変さをカバー出来ています。

しかし、人工毛よりもメンテナンスが大変なのがデメリットです。

ウィッグの種類と種類別の正しい付け方

ウィッグには、「フルウィッグ」「エクステ」「前髪ウィッグ」「ヘアピース」といった種類が4つあります。

フルウィッグ

フルウィッグは、頭部の全てを覆うタイプのウィッグです。

そのため、自毛とは全く異なるスタイリングも可能であり、イメージを大幅に変えることが出来ます。

フルウィッグは事前にウィッグネットをかぶり、髪が膨らまないようにしてからかぶります。

そして、ウィッグの前髪を生え際に合わせた状態から襟足を引っ張りながら覆います。

エクステ

エクステは、髪の長さを付け足したい時に使用します。

例えば、ショートをロングにする時などです。
付け方はとても簡単で、ブロッキングした髪にクリップで装着して馴染ませるだけで良いです。

前髪ウィッグ

前髪ウィッグは、ヘアスタイルの印象を大きく決定する前髪部分専用のウィッグです。

自毛の前髪をセンター分けにして、お好みの場所の自毛にクリップで留めるだけなので簡単に装着することが出来ます。

ヘアピース

ヘアピースは、ポニーテールやお団子ヘアにしたい場合に、それぞれのウィッグを付け足すことで望み通りのヘアスタイルにするウィッグです。

自毛をゴムで結びマジックテープで固定します。
そこに、ウィッグを付けてピンで留めるだけで装着することが出来ます。

このように、ウィッグは素材から種類まで沢山あります。

是非、自分に合ったウィッグを見つけ、正しい使い方でオシャレを楽しんで下さいね。

記事が気に入ったら「いいね!」お願いします。

頭美人では、髪や頭についての気になる記事をご紹介!

https://www.atama-bijin.jp/hair_care/wp-content/uploads/2019/03/96c57207a015ee0b5e932d1bedb463b1-wpcf_300x300.jpg

監修者:頭美人運営事務局

頭美人

頭美人は、「健康は頭から」をコンセプトに運営しているヘアケアメディアです。髪や頭の専門家が集まっており、多数のヘアケア関連のサロンも掲載しています。髪や頭の事で悩んでいたら、きっと頭美人が解決してくれるはずですよ!

ネット予約可能な厳選サロン特集!

日常のトラブル

日常のトラブル

仕事のストレス

仕事のストレス

仕事のストレス

仕事でストレスが溜まって、心身ともに調子が良くない。そんな時は、髪の毛にも影響が…

食生活について

食生活について

食生活について

偏った食生活は、肌や身体の調子が崩すだけでなく、髪にも悪影響を及ぼします。

睡眠について

睡眠について

睡眠について

睡眠不足になると体中の血管が収縮され、頭皮に栄養が行き渡らなくなってしまいます。

喫煙について

喫煙について

喫煙について

喫煙は薄毛や抜け毛など、髪や頭皮にも深刻な影響を与えます。

ワックスやスプレー

ワックスやスプレー

ワックスやスプレー

実は髪に良くない成分が配合されているというのはご存知でしたか?

カラーリングやパーマ

カラーリングやパーマ

カラーリングやパーマ

おしゃれのためにカラーリングやパーマを楽しむなら、適切なケアを忘れずに。

ドライヤーについて

ドライヤーについて

ドライヤーについて

間違った使い方は、髪にダメージを与えてしまいます。

ヘアアイロンについて

ヘアアイロンについて

ヘアアイロンについて

枝毛や切れ毛に悩んでいる方、今の髪の状態がどうなっているかご存知でしょうか?

エクステ/ウィッグ

エクステ/ウィッグ

エクステ/ウィッグ

エクステを付けている時のヘアケア方法をご紹介いたします。

季節

季節

季節

季節が変わると同時に髪の悩みにも変化が起きます。それぞれの季節に多い悩みと適切な…

今注目されているヘッドスパクーポン

今注目されているヘッドスパクーポン

薄毛や抜け毛の予防におすすめのノンシリコンシャンプー

おすすめノンシリコンシャンプー

ヘアケア記事一覧

ヘッドスパ診断

  • 炭酸泉ヘッドソーダスパって?
  • ノンシリコンシャンプー特集
  • おうちで試してみませんか?
  • ヘアケア用語集
  • ヘッドスパ体験記

人気ページランキング

人気ページランキング

2019年08月25日更新

おすすめクチコミ

おすすめクチコミ

ワヤンプリ 銀座店

中央区 / 銀座

ワヤンプリ 銀座店

店内がリゾート地みたいで、普段と違う空気が楽しめます!観葉植物と心地よいアロマの香りでとても安らぐ…続きを読む

Simple idea Relax 銀座店

中央区 / 銀座

Simple idea Relax 銀座店

ヘッドスパ初体験でしたが、とーってもよかったです! 店内はとても清潔感があって、スタッフの方も皆さん笑…続きを読む

Syma(シーマ)銀座店

銀座一丁目 / 有楽町

Syma(シーマ)銀座店

デスクワークでガチガチになった肩もほぐしてもらいたかったので、肩のマッサージが付いている「頭皮重視脳ほ…続きを読む

頭美人へのご意見・ご要望や
掲載してほしい店舗など
なんでもお聞かせください♪

メールアドレス(任意)

ご意見・ご要望など

ご返信が必要な方は必ず
メールアドレスをご入力ください。