ヘッドスパサロンを探す

こだわりの条件

ヘッドスパ講座

ヘッドスパとは 効果・効能
人気の秘密 自宅でヘッドスパ
お店の選び方 施術の流れ
お悩みQ&A

ヘアケア講座

日常のトラブル 美髪の秘訣
髪の基礎知識 髪の講座
頭皮ケアの講座  

ヘアレシピ

ヘアスタイル×ヘアアレンジ

トップス ボトムス
アウター アクセサリー
オフィス コスプレ
トレンド メイク
ブライダル 学校
女子会 スポーツ
デート  

イベント×ヘアアレンジ

1月 2月
3月 4月
5月 6月
7月 8月
9月 10月
11月 12月

その他のコンテンツ

特集記事 ヘッドスパ診断
前髪美人 ギフトクーポン
ノンシリコンシャンプー特集 ヘアケア用語集
ご利用ガイド クーポンのご利用について
よくあるお問い合わせ 炭酸ヘッドスパ
 

髪を巻いてもすぐ取れてしまう場合の解決法

The method to keep curled hair.

髪を巻いてもすぐ取れてしまう場合の解決法

しっかり巻いてもすぐ取れてしまうのはなぜ?

「せっかく念入りにカールしたのに、あっという間に崩れてしまった」という経験をしたことがある方も多いと思います。

巻いた髪が短時間で取れてしまう原因はいくつかあります。

まずは天候です。

梅雨の時期など湿度が高い日には、髪が空気中の水分を吸収してしまうため、どうしても短時間で崩れやすくなります。

また生まれつきの髪質によっても、カールの持続時間が変わります。

特に細く柔らかい髪質の方は、巻いても長時間持続させるのは難しい傾向があります。

そして、天候や髪質以外にカールがすぐに取れてしまう原因としては、間違った巻き方をしていることが考えられます。

例えばコテで髪を巻く時に、1回でたくさんの髪の毛を巻こうとすると失敗の原因になります。

また、毛先だけ巻こうとしてコテを毛先にしか当てていないと、すぐにカールが落ちやすくなります。

他にも巻き方が緩かったり、コテの温度や巻いている時間が短すぎるなど、さまざまなことが原因になります。

セットしたての美しさを長時間キープするためには、まず正しい巻き方をしっかりマスターすることが重要です。



長時間キープできる巻き方

髪の毛を巻く時は、使用するコテの太さによってゆるふわ感を演出していきます。

また、コテの温度は160~180度前後が最適です。

1度に巻く髪の毛の量は出来るだけ少なめにして、髪の毛1本1本に熱が伝わるために髪の毛が重ならないようにしましょう。

そして、コテでしっかりきつめに巻きましょう。

ちょっと痛いかなと思うくらいピンと張ると、きつく巻けます。

毛先だけを巻きたい場合にも、出来るだけ根元に近い部分からコテで温めながら毛先に向かって滑らせていき、最後にくるっと回転させるとうまく毛先だけを巻くことができます。

根元からボリューム感を出したい場合は、逆毛を立てるとふんわり感が長持ちします。

巻き終わったらすぐにコテを外すのではなく、少し持ち上げたままキープするのがポイントです。

長時間キープするための巻く時のコツ

しっかり髪を乾かす

最初に髪をよく乾かしましょう

特に朝シャンプーをする方は忙しいかもしれませんが、ドライヤーできちんと乾かしてから巻くようにしてください。

そうすることで髪にくせがつきやすく、長持ちします。

スタイリング剤を使う

次に、巻く前に巻き髪専用のスタイリング剤を使用してください。

巻き髪用のスタイリング剤もさまざまな種類がありますが、出来るだけ水分や油分が少ないものを選びましょう。

水分や油分が多いものだとその重さでカールが崩れやすくなるので、ジェルやクリームタイプではなくスプレータイプがおすすめです。

巻いた後が大切

巻く時間が重要なのではありません。

髪の毛は、巻いた直後ではなく、冷えた時に巻きのくせが固定されるので、巻いてすぐに手でほぐすと一度つけたくせが取れてしまいます。

髪の毛を巻いた後は、髪の毛の熱が少し冷めるのを待ってから、冷風で冷ましてから手でほぐすと巻きが長持ちします

髪を巻くときの注意点

まず最初に、ヘアブラシで丁寧に髪の毛をしっかりブラッシングしましょう。

髪の毛がほつれていると、ヘアアイロンを使用しても髪を綺麗に巻くことはできません。

いつもの当たり前の工程と思われるかもしれませんが、入念にブラッシングしましょう。

それから、髪の毛が濡れた状態でへアイロンを使用すると、髪の毛をとても傷めてしまうことになります。
ですので、きちんと髪の毛を乾かしてからヘアアイロンを使用しましょう。

そして、ヘアアイロンの温度に注意にしてください。

最高温度は200℃近くまで上昇しますので、慣れないうちは160℃位にして使用することが望ましいです。

へアアイロンでやけどをしないように、首にタオルを巻いたり、ターバンをするのもよいでしょう。

また、ヘアアイロンを巻く箇所にベース剤をつけるようにしましょう。

そうすることで、ヘアアイロンの熱から髪の毛を保護してくれますし、カールにツヤがでます。
くれぐれもベース剤を忘れないように注意しましょう。

実際に髪の毛を巻くのは、朝が多く大変かもしれませんが、巻きをキープして一日を気分よく過ごすために、少しだけ早起きして頑張ってみてください。

記事が気に入ったら「いいね!」お願いします。

頭美人では、髪や頭についての気になる記事をご紹介!

https://www.atama-bijin.jp/hair_care/wp-content/uploads/2019/03/96c57207a015ee0b5e932d1bedb463b1-wpcf_300x300.jpg

監修者:頭美人運営事務局

頭美人

頭美人は、「健康は頭から」をコンセプトに運営しているヘアケアメディアです。髪や頭の専門家が集まっており、多数のヘアケア関連のサロンも掲載しています。髪や頭の事で悩んでいたら、きっと頭美人が解決してくれるはずですよ!

ネット予約可能な厳選サロン特集!

日常のトラブル

日常のトラブル

仕事のストレス

仕事のストレス

仕事のストレス

仕事でストレスが溜まって、心身ともに調子が良くない。そんな時は、髪の毛にも影響が…

食生活について

食生活について

食生活について

偏った食生活は、肌や身体の調子が崩すだけでなく、髪にも悪影響を及ぼします。

睡眠について

睡眠について

睡眠について

睡眠不足になると体中の血管が収縮され、頭皮に栄養が行き渡らなくなってしまいます。

喫煙について

喫煙について

喫煙について

喫煙は薄毛や抜け毛など、髪や頭皮にも深刻な影響を与えます。

ワックスやスプレー

ワックスやスプレー

ワックスやスプレー

実は髪に良くない成分が配合されているというのはご存知でしたか?

カラーリングやパーマ

カラーリングやパーマ

カラーリングやパーマ

おしゃれのためにカラーリングやパーマを楽しむなら、適切なケアを忘れずに。

ドライヤーについて

ドライヤーについて

ドライヤーについて

間違った使い方は、髪にダメージを与えてしまいます。

ヘアアイロンについて

ヘアアイロンについて

ヘアアイロンについて

枝毛や切れ毛に悩んでいる方、今の髪の状態がどうなっているかご存知でしょうか?

エクステ/ウィッグ

エクステ/ウィッグ

エクステ/ウィッグ

エクステを付けている時のヘアケア方法をご紹介いたします。

季節

季節

季節

季節が変わると同時に髪の悩みにも変化が起きます。それぞれの季節に多い悩みと適切な…

今注目されているヘッドスパクーポン

今注目されているヘッドスパクーポン

薄毛や抜け毛の予防におすすめのノンシリコンシャンプー

おすすめノンシリコンシャンプー

ヘアケア記事一覧

ヘッドスパ診断

  • 炭酸泉ヘッドソーダスパって?
  • ノンシリコンシャンプー特集
  • おうちで試してみませんか?
  • ヘアケア用語集
  • ヘッドスパ体験記

人気ページランキング

人気ページランキング

2021年01月18日更新

おすすめクチコミ

おすすめクチコミ

ワヤンプリ 銀座店

中央区 / 銀座

ワヤンプリ 銀座店

店内がリゾート地みたいで、普段と違う空気が楽しめます!観葉植物と心地よいアロマの香りでとても安らぐ…続きを読む

Simple idea Relax 銀座店

中央区 / 銀座

Simple idea Relax 銀座店

ヘッドスパ初体験でしたが、とーってもよかったです! 店内はとても清潔感があって、スタッフの方も皆さん笑…続きを読む

Syma(シーマ)銀座店

銀座一丁目 / 有楽町

Syma(シーマ)銀座店

デスクワークでガチガチになった肩もほぐしてもらいたかったので、肩のマッサージが付いている「頭皮重視脳ほ…続きを読む

頭美人へのご意見・ご要望や
掲載してほしい店舗など
なんでもお聞かせください♪

メールアドレス(任意)

ご意見・ご要望など

ご返信が必要な方は必ず
メールアドレスをご入力ください。