ヘッドスパサロンを探す

こだわりの条件

ヘッドスパ講座

ヘッドスパとは 効果・効能
人気の秘密 自宅でヘッドスパ

ヘアケア講座

日常のトラブル 美髪の秘訣
髪の基礎知識 髪の講座
頭皮ケアの講座  

ヘアレシピ

ライフスタイル×ヘアアレンジ

トップス ボトムス
アウター アクセサリー
オフィス コスプレ
トレンド メイク
ブライダル 学校
女子会 スポーツ
デート  

イベント×ヘアアレンジ

1月 2月
3月 4月
5月 6月
7月 8月
9月 10月
11月 12月

その他のコンテンツ

特集記事 ヘッドスパ診断
前髪美人 ギフトクーポン
ノンシリコンシャンプー特集 ヘアケア用語集
ご利用ガイド クーポンのご利用について
よくあるお問い合わせ  
 

ヘアブラシの種類や正しい使い方

About hairbrush

beautiful woman with comb

何気なく使ってるブラッシングを効果的にしましょう

普段何気なくブラッシングを行っている方が多いかと思いますが、正しいブラッシングの方法をご存知ですか。

ブラッシングは美髪とヘアケアの基本です。

髪を梳かすと指通りも良くなり、サラサラになりますよね。ですが、そんなブラッシングも間違った方法でやってしまっては意味がありません。

美髪を保つためにも大切なブラッシングについて学んでいきましょう。

ブラッシングの目的

ブラッシングは最高のヘアケア

ブラッシングの目的は、髪の毛についた埃や抜け毛などを取り除き、櫛どおりを良くすることと、頭髪にある皮脂を髪の毛に行き渡らせて、髪の毛に潤いを与えること、頭皮に刺激を与えて血行を良くし、頭皮の新陳代謝を促すことです。

従って、ブラッシングは、頭皮や髪の為には、非常に良い効果のあるヘアケア、頭皮ケアですが、ブラッシングの方法や、タイミング、ブラシに選び方によっては、かえって頭皮や髪の毛にダメージを与えてしまいます。

最悪のヘアケア方法にも

頭皮に強い刺激が加わるようなブラッシングや、雑なブラッシング、同じ場所を何度も往復するブラッシングは、頭皮に負担をかけ、かゆみやフケの原因になるとともに、キレ毛を増やしてしまいます。

ブラシの先で直接頭皮を傷つけたり、刺激したりしないように、ゆっくり丁寧にブラッシングすることが大切です。

ブラシの先で頭皮を傷つけることは、直接的な頭皮トラブルの原因になってしまいます。

「なんとなくかゆみを感じる→強くブラッシングをする」という行為が、最も頭皮の状態を悪化させる行為です。

特に、髪の毛を長くしている人は、毛先からブラッシングをはじめて、丁寧に、髪の毛を解きほぐすように行いましょう。

ブラッシングをする前のヘアケア

髪を梳かすときにまずはじめにやるべきこととは
髪を梳かした後にするヘアケア方法もありますが、まず重要なのは「髪を梳かす前のヘアケア」です。

そのまま櫛を通してしまうと髪に引っかかり抜け毛や切れ毛が増えてしまったり、引っかかった状態で無理矢理櫛を通すと髪のダメージとなってしまいます。

事前のヘアケアで髪の負担を減らしてあげましょう。

髪を梳かす前にするヘアケア方法とは?

髪を梳かす前にするヘアケア方法は髪の状態によって色々ありますが、基本は「髪を湿らせる・なめらかにする事」です。

特に乾燥髪の方はブラッシング前に必ず髪を湿らせるようにしましょう。

パサパサのままブラッシングしてもヘアケアにはなりません。

髪のダメージが大きい場合はブラッシング用のスプレーを全体的にかけてあげると良いでしょう。

また、毛先のダメージが酷い場合やセミロング~ロングヘアの場合は、梳かす前に毛先にヘアオイルやヘアクリームを馴染ませてあげるとスムーズに櫛が通ります。

効果的なブラッシング方法

髪や頭皮にも優しい効果があるブラッシング方法をご紹介します。

以下の3段階に分けて行うのが有効です。

1.毛先からもつれがあれば、そっとほぐすようにブラシを入れる

2.毛先より根元寄りから、毛先にかけてブラシを入れる

3.髪の根元から毛先にかけてブラシを入れる

いきなり髪を一気に梳かすのでなくて、段階を踏んで梳かしていくことが大切なのです。

また、ブラッシングの時は丁寧にゆっくりとブラシを動かすことが必要です。

これは頭皮を引っ張ることを避けるのと同時に、摩擦により髪のキューティクルを剥がしてしまうのを避けるという意味合いがあります。

髪が長い方は、3段階よりもう少し段階を分けてとかしてあげるといいでしょう。また髪が絡まりやすい方は、オイルなどをつけてから行うのがおすすめです。

間違ったブラッシングのやり方

根元からは間違い?ブラッシングは毛先だけ!
血流を上げるためにも、しっかりブラッシングを行おうと、根元からブラッシングをされている方もいると思います。
しかし、この方法はNGな方法なのです。

根元までブラシを入れてブラッシングをしようとすると、髪の毛が毛先に行くまでにどうしても引っかかります。

その時に頭皮に不要な力がかかり毛穴にもダメージを与えてしまうのです。健康な髪を無理やり引き抜いてしまうことにもなりかねません。

特に頭皮が弱ってしまっているときなどは、髪の毛が簡単に抜け落ちてしまいます。また、髪が途中で切れてしまったり、絡まる原因にもなってしまうのです。

最悪の場合、薄毛や白髪を作る可能性もあるので、根元から一気に行うブラッシングはやめましょう。

おすすめのブラッシングのタイミング

最もお勧めなのは、シャンプーを行う前のタイミングです。

日中にホコリなどの汚れが髪に付着するので、それを取り除いた上でシャンプーを行う必要があるからです。

また、ブラッシングは頭皮ケアにもなりますので、優しく頭皮にも刺激を与えてあげた後にシャンプーをすると血流があがり毛穴の汚れも浮き出てきやすくなります。

ブラッシングを行う時は、頭皮に与える影響も考えた上で、段階を踏んで優しく丁寧にブラッシングを行っていくようにしましょう。

ブラシの選び方の重要なポイント

悩み別!良いヘアブラシの選び方
ヘアブラシは髪の悩み別で使い分けるのが上級者のコツ!

髪質に合ったブラシがあるように、櫛(コーム)も髪質に合わせた種類を使うようにしましょう。

今使っているヘアブラシは本当に髪に合っていますか。

使い方や選び方を間違えると髪トラブルを引き起こす可能性があるので注意が必要です。

髪や頭皮の汚れが気になる場合はクッションブラシ

クッションブラシ
髪や頭皮の汚れが気になる、またはしっかりシャンプーしても汚れが落ちていない気がするという悩みを抱えている方には「クッションブラシ」がオススメです!

クッションブラシはその名の通り、ラバーの部分がクッションのようになっており、中央の盛り上がりを利用してしっかりと髪に当たるようになっています。ブラシの先が丸いのも特徴です。

シャンプー前に、髪の毛についた埃やキレ毛を取り除く為にブラッシングをする時や頭皮マッサージに向いている種類となっています。髪質が柔らかい方にもおすすめです。

ただし、ブラシの先が強く頭皮にあたるようなタイプだと、頭皮に負担をかけ、その後のシャンプーでさらに頭皮にダメージを与えてしまうので、ブラシの先が丸い形状のものを選ぶようにしましょう。

髪の量が多くすぐに絡まってしまう場合はスケルトンブラシ

スケルトンブラシ
まるで手ぐしのような感触で、摩擦の影響もほとんど無い「スケルトンブラシ」は髪の量が多い方やすぐに絡まってしまう方にオススメです!

すき間の多い造りになっているので髪も絡まりづらく、梳くダメージも少ないのが特徴です。

デザインやカラーも種類が多く、温泉や銭湯にも置いてあるので知っている方も多いヘアブラシで、パーマやカラーリングなどでダメージが蓄積している髪にも最適ですよ。

抜け毛が気になる場合はパドルブラシ

パドルブラシ
抜け毛が気になる、薄毛を改善したいという方には「パドルブラシ」がオススメです!

現在も美髪に良いと流行中で持っている方も多いのではないでしょうか。サイズが大きく、一気にブラッシングできるのが特徴で、クッションも柔らかく弾力性も高いです。

髪や頭皮を優しくブラッシングし、頭皮マッサージ効果も抜群なので抜け毛予防や薄毛改善にも効果的です。

くせ毛をしっかり直したい場合はロールブラシ

ロールブラシ
くせ毛直しにはロールブラシ」を使うと良いでしょう!美容室などでもよく見かける360度全てにブラシのついた種類となっています。

根元からしっかりとブラッシングしてあげる事によってくせ毛を伸ばし、スタイリングしやすくしてくれます。

ロールと言われているようにカールアレンジにも使えるのが特徴なので、ストレートヘアの方にも重宝されます。

他にもデンマンブラシや天然毛ブラシなど様々な種類があるので、色々と試してみるのも良いと思います。

シャンプーやトリートメントと同じく、ヘアブラシも自分の髪の状態に合ったものを使ってくださいね。

髪が特に傷んでいる、髪のボリュームがある場合はジャンボコーム

ジャンボコーム
歯と歯の間隔が広い大きめの「ジャンボコーム」は、髪が特に傷んでいる方や髪のボリュームがある方にオススメとなっています。

トリートメントやカラーリング剤を馴染ませるのにも最適で、1つ持っておくと便利なコームです。

ツヤのない髪、静電気が起きやすい場合は木製の櫛

木製の櫛
木製の櫛」は昔から使われており、静電気が起きにくいのでスタイリング時にも重宝します。

髪を梳かせば梳かすほどツヤが生まれるので、ブラッシングしながらヘアケアする事が可能です。

美容院でも使われる事があるので、機会があればぜひ見てみてください。

正しいブラッシング方法で髪の負担を減らせば、後に行うトリートメントの効果も確実にUPします。傷んだ髪にさよならしたい方はきちんとブラッシングするようにしましょう。

ブラシの毛の種類も重要なポイント

頭皮に強い刺激を与えず、髪の毛の艶を出すには、豚毛、猪毛などの天然毛ブラシです。

天然毛のブラシは、静電気が起きにくく、ナイロン製は静電気が起きやすいという特徴もあります。

ブラッシングをするタイミングに合わせて、ブラシを使い分けることが、効果的なブラシの使い方です。

就寝前などに、髪の毛の艶を出すため、頭皮の血行を良くするためにブラッシングをする時には、自然毛のブラシが向いています。

髪の毛の量が多い人は、コシのある猪毛のブラシ、髪の毛の少ない人は、柔らかい軟豚毛が向いています。

まとめ

ブラッシングする際は力任せにならないよう注意しましょう。

特に何もせずそのまま櫛を通してしまうと、髪を傷める原因になってしまいます。

適切なブラシを、タイミングに合わせて使い、正しい方法でブラッシングして、頭皮トラブルを予防しましょう

記事が気に入ったら「いいね!」お願いします。

頭美人では、髪や頭についての気になる記事をご紹介!

美髪の秘訣

美髪の秘訣

シャンプーについて

シャンプーについて

シャンプーについて

実は、毎日のシャンプーが美髪を作り出すのに最も大切だということをご存知でしょうか?

コンディショナー/リンスについて

コンディショナー/リンスについて

コンディショナー/リンスについて

コンディショナーやリンスの説明と、正しい使い方や手順などをご紹介します。

トリートメントについて

トリートメントについて

トリートメント

日頃からよく使うトリートメントですが、詳しい効果や正しい使い方をご存知ですか?

カラーについて

カラーについて

カラーについて

ちょっとしたケアによって色持ちを長くしたり、パサつきを抑えることができます。

パーマについて

パーマについて

パーマについて

適切なケアをする事でダメージを軽減させ、パーマ自体も長持ちさせる事ができます。

ヘアオイルについて

ヘアオイルについて

ヘアオイルについて

ヘアオイルの正しい使い方を知り、美しい髪を育みましょう。

ヘアブラシについて

ヘアブラシについて

ヘアブラシについて

美髪を作るためにヘアブラシによるブラッシングは欠かせません。

アンチエイジング

アンチエイジング

アンチエイジング

髪の老化対策などもご紹介しているので、是非ご覧ください。

メンズケア

メンズケア

メンズケア

毎日簡単に取り組める男性のためのヘアケア方法をご紹介。

ヘアスタイリング

ヘアスタイリング

ヘアスタイリング

スタイリング方法やスタイリングを綺麗に魅せるためのヘアケア方法をご紹介。

今注目されているヘッドスパクーポン

今注目されているヘッドスパクーポン

薄毛や抜け毛の予防におすすめのノンシリコンシャンプー

おすすめノンシリコンシャンプー

ヘアケア記事一覧

ヘッドスパ診断

  • 炭酸泉ヘッドソーダスパって?
  • ノンシリコンシャンプー特集
  • おうちで試してみませんか?
  • ヘアケア用語集
  • ヘッドスパ体験記

人気ページランキング

人気ページランキング

2017年09月26日更新

おすすめクチコミ

おすすめクチコミ

ワヤンプリ 銀座店

中央区 / 銀座

ワヤンプリ 銀座店

店内がリゾート地みたいで、普段と違う空気が楽しめます!観葉植物と心地よいアロマの香りでとても安らぐ…続きを読む

Simple idea Relax 銀座店

中央区 / 銀座

Simple idea Relax 銀座店

ヘッドスパ初体験でしたが、とーってもよかったです! 店内はとても清潔感があって、スタッフの方も皆さん笑…続きを読む

Syma(シーマ)銀座店

銀座一丁目 / 有楽町

Syma(シーマ)銀座店

デスクワークでガチガチになった肩もほぐしてもらいたかったので、肩のマッサージが付いている「頭皮重視脳ほ…続きを読む

頭美人へのご意見・ご要望や
掲載してほしい店舗など
なんでもお聞かせください♪

メールアドレス(任意)

ご意見・ご要望など

ご返信が必要な方は必ず
メールアドレスをご入力ください。