ヘッドスパサロンを探す

こだわりの条件

ヘッドスパ講座

ヘッドスパとは 効果・効能
人気の秘密 自宅でヘッドスパ

ヘアケア講座

日常のトラブル 美髪の秘訣
髪の基礎知識 髪の講座
頭皮ケアの講座  

ヘアレシピ

ライフスタイル×ヘアアレンジ

トップス ボトムス
アウター アクセサリー
オフィス コスプレ
トレンド メイク
ブライダル 学校
女子会 スポーツ
デート  

イベント×ヘアアレンジ

1月 2月
3月 4月
5月 6月
7月 8月
9月 10月
11月 12月

その他のコンテンツ

特集記事 ヘッドスパ診断
前髪美人 ギフトクーポン
ノンシリコンシャンプー特集 ヘアケア用語集
ご利用ガイド クーポンのご利用について
よくあるお問い合わせ  
 

育毛と発毛の違い

The difference between hair restoration and hair growth.

抜け毛を気にするビジネスマン

育毛と発毛…同じような意味だけど違いは何?

育毛」と「発毛」の違い、なんとなく意味は分かる気はするけれど、きちんと説明しようとすると出来ないという方が多いのではないでしょうか?

しかし、ご自身が薄毛に悩んでいて、ケアをしたいなと思った時、「育毛ケア」か?「発毛ケア」か?の選択は非常に大切です。

これを機に、「育毛」と「発毛」の違いをしっかり学んでみましょう。

育毛=毛を育てること

育毛とは、名前の通り、現在生えている毛を育てて行くことを指します。育てて行く?ってどういう事なのかなと思われるかもしれません。

薄毛は、毛は生えているけれど、細くて短い毛だったりしませんか?つまり、しっかりとした太さがあり、途中で抜けてしまわない長い毛に育てることを育毛というのです。

毛根ケアで育毛をする

毛根ケアで育毛をする
太さも長さもある毛を育てるには、毛根がしっかりしていないといけません。そこで、育毛ケアは次のような作用で毛を育てます。

血管を拡張させる方法

毛根の周りの血管を拡張させる事により、多くの栄養を血液にのせ毛根に届けることができます。

こうすることによって、毛根から生えている毛に栄養が充分に行きわたり、太く長い毛を育てられるのです。

毛根に、細胞分裂を促進させる方法

これは、毛が生まれるサイクルを利用したものです。

毛根の下の方に、毛乳頭という部分があります。そこにある毛母細胞が細胞分裂を繰り返し、古い細胞から新しい細胞を押し上げることによって毛は伸びるのです。

そこで、細胞分裂を促進し、毛が長く伸びやすくするのです。

発毛=毛を生やす

発毛も、名前の通り、毛が抜けてしまっている毛穴に毛が生えるようにすることです。

健康な頭皮の場合は、一度毛が抜けても、また新しい毛が生えてきます。

そこで、何らかの原因で生えて来なくなってしまった毛穴から、再び毛が生えるように頭皮の改善を行う事を発毛といいます。

頭皮環境を整えて発毛を促す

毛穴から毛が生えなくなるにはいくつかの原因があります。

血流不足や皮脂のバランスの崩れ、毛根活動の低下などがあげられます。そして、それにより髪が生えるヘアサイクルが乱れるのです。

髪のヘアサイクルは「成長期」、「退行期」、「休止期」の3つに分かれています。その周期は、人それぞれですが、早い人で4年、遅い人で8年の周期で繰り返されます。これらを正常に働かせる為には、頭皮環境を健康に保つ事です。

つまり、いつも頭皮や毛を清潔に保つこと、そして髪の成長に必要である栄養分をしっかり摂取し、頭皮の血流をあげることが大切なのです。

傷ついた頭皮で育毛・発毛は可能?

Woman combing surprised she is losing hair, receding hairline
パーマ、ヘアカラー、シャンプー剤に含まれる化学的な物質が頭皮に付着したときや、紫外線を浴びたことによって炎症をおこしている場合、間違ったブラッシングやシャンプー方法で傷をつけてしまった場合、頭皮は傷ついた状態になってしまいます。

頭皮の表面が炎症を起こしている場合や、頭皮に傷がついてしまっている場合は、赤く腫れた状態になり、痛みやかゆみが生じます。

パーマ液、カラー剤、シャンプー剤などが頭皮に残ってしまっている場合は、毛穴がつまって、頭皮の新陳代謝が順調に行われなくなり、髪の毛が生えにくい状態になります。

傷がついた頭皮から髪は生えるのか

脱毛の原因は、ヘアサイクルが乱れ、髪を元気に育てる成長期が短くなり、休止期が長くなることにあります。

従って、どの程度頭皮がダメージを受けたかという度合いにもよりますが、適切な頭皮のケアをすることで、ヘアサイクルを正常に状態に戻し、休止期が長引いている毛根から、新しい髪の毛が生える健康な頭皮にすることができます。

頭皮に傷がついたときの対処法

頭皮に傷がついたときの対処法
頭皮に傷がついて髪が生えなくなった時の対処法は、頭皮のダメージの状態に合わせてケアをすることです。

頭皮が炎症を起こしている場合

頭皮が炎症を起こしている場合は、炎症を治すことが最優先です。

パーマやカラーによって頭皮を傷つけてしまった場合は、当分の間パーマやカラーを控えること、刺激の弱いシャンプー剤を使用すること、炎症で痛みがある場合は、強い力で頭皮を洗ったり、ブラッシングをしたりしないことが大切です。

炎症をおこしている場合は、刺激を与えないことが最も大切です。

ブラッシングは、ナイロン製やプラスチック製を避け、獣毛のブラシで、ブラシの先が頭皮にあたらないように注意して行いましょう。

頭皮が炎症をおこしている時に、育毛剤などをつけると、炎症が悪化してしまいますので、炎症が治まるまでは、ヘアスタイリング剤、育毛剤などは使用を控える必要があります。

炎症がひどい場合は、皮膚科を受診して、塗り薬を出してもらうのも良い方法です。

毛穴が詰まって頭皮が傷ついている場合

次に、毛穴が詰まって頭皮が傷ついた状態になっている場合は、リンパや血液の循環を良くして頭皮の新陳代謝を促す必要があるので、頭皮のマッサージが効果的です。

髪が生えなくなった時の対処法は、頭皮の状態を見極め、それに合った方法でケアをすることです。

頭皮が健康な状態を取り戻せば、育毛することができますので、髪や頭皮に負担をかけないよう丁寧なケアをしましょう。

健康な髪を育毛するためには

健康な髪を手に入れるために育活しよう!
育毛剤などに頼るだけではなく、今の生活習慣を見直していかないと健康的な髪を手に入れる事はできません。その為に気を付けることをご紹介します。

健康な髪を育毛するため① バランスの取れた食生活

髪の毛の99%を占める、タンパク質をしっかりと摂取しましょう。タンパク質が足りなくなると、髪の毛が細くなり、ボリュームが減ってしまいます。

美しい髪を作るためにはとくに、大豆に多く含まれる植物性のタンパク質がオススメです。

また、キューティクルを作り出す亜鉛も必要な栄養素と言えます。健康的なキューティクルは、髪の毛を刺激から守るだけでなく、艶やかな質感も作り出してくれますよ。

ほかにも、ビタミンEミネラルなども髪の毛にとって必要な栄養素です。栄養バランスの良い食生活を送ることが、美髪につながります。

健康な髪を育毛するため② タバコを控える

健康な髪を育毛するため② タバコを控える
喫煙すると、血管が収縮します。そのため、血液の循環が悪くなるのです。

育毛に必要な栄養素は、血液によって頭皮まで運ばれます。血流が悪くなることで栄養素が不足し、育毛の妨げとなってしまうのです。育毛のためには、タバコは控えましょう。

健康な髪を育毛するため③ しっかりと睡眠をとる

育毛に作用する成長ホルモンは、夜10時から深夜2時の間に分泌されます。成長ホルモンは、髪の毛の主成分であるタンパク質の合成を促進する働きをもっているのです。

健康的な髪の毛を手に入れたいなら、この時間帯はしっかりと熟睡しているようにしましょう。

健康な髪を育毛するため④ 適度な運動を取り入れる

運動することで、体中の血液の循環が良くなります。その結果、新陳代謝が活発に行われるようになるのです。新陳代謝とは、古い細胞が新しく生まれ変わることを言います。

頭皮の細胞も元気な組織に入れ代わり、健康的な髪の毛の発毛や育毛につながるのです。抜け毛や薄毛を改善することが出来ますよ。

健康な髪を発毛するためには

傷ついた頭皮の育毛は可能?
抜け毛や薄毛が気になり始めると、頼りになるのが育毛剤です。発毛を促してくれる便利なアイテムと言えるでしょう。

ただ育毛剤を使わなくても、発毛する方法があるのです。

髪の毛を作り出す毛母細胞の環境を良くすることが、発毛の近道です。

毛母細胞は、頭皮にある組織です。まずは、頭皮を健康にする方法をチェックしましょう。

健康な髪を発毛するため① 正しいシャンプーの方法を身につける

頭皮は、身体の中でも皮脂が多く分泌される場所です。毛穴に詰まった皮脂まできれいにしないと、毛母細胞の働きが鈍くなってしまいます。

シャンプーは髪の毛ではなく、頭皮を洗うものです。

よく泡立てたシャンプーで、指の腹を使って汚れや皮脂を取り除きましょう。

ゴシゴシとした洗い方は、頭皮を傷つけてしまいます。やさしく洗ってくださいね。

シャンプーのあとのすすぎも、発毛のためには重要です。シャンプーが残っていると、毛穴を防いでしまいます。時間をかけて、完全に洗い流しましょう。

仕上げのリンスやトリートメントは、髪の毛につけるようにします。頭皮につくと毛穴を詰まらせ、発毛に悪影響を与えてしまうのです。

シャンプーは頭皮、リンスは髪の毛」という基本を、忘れないようにしましょう。

健康な髪を発毛するため② 頭皮マッサージを取り入れる

健康な髪を発毛するため② 頭皮マッサージを取り入れる
頭皮をマッサージすると、血液の循環が活発になります。血液の循環が良くなると、血液中を流れる栄養素が、頭皮の毛細細胞に運ばれやすくなります。

その結果、発毛が促されるのです。

まとめ

育毛剤を使わなくても、シャンプーの方法を見直すこと生活環境を改善させることで、発毛・育毛の効果が期待できます。

頭皮の環境を整えて、身体が持っている本来の機能を回復させてみませんか?

早く始めた人から、健康的な髪の毛に変身できますよ。気になる人は、早速、始めてみてくださいね。

記事が気に入ったら「いいね!」お願いします。

頭美人では、髪や頭についての気になる記事をご紹介!

髪の基礎知識

髪の基礎知識

今注目されているヘッドスパクーポン

今注目されているヘッドスパクーポン

薄毛や抜け毛の予防におすすめのノンシリコンシャンプー

おすすめノンシリコンシャンプー

ヘアケア記事一覧

ヘッドスパ診断

  • 炭酸泉ヘッドソーダスパって?
  • ノンシリコンシャンプー特集
  • おうちで試してみませんか?
  • ヘアケア用語集
  • ヘッドスパ体験記

人気ページランキング

人気ページランキング

2017年09月25日更新

おすすめクチコミ

おすすめクチコミ

ワヤンプリ 銀座店

中央区 / 銀座

ワヤンプリ 銀座店

店内がリゾート地みたいで、普段と違う空気が楽しめます!観葉植物と心地よいアロマの香りでとても安らぐ…続きを読む

Simple idea Relax 銀座店

中央区 / 銀座

Simple idea Relax 銀座店

ヘッドスパ初体験でしたが、とーってもよかったです! 店内はとても清潔感があって、スタッフの方も皆さん笑…続きを読む

Syma(シーマ)銀座店

銀座一丁目 / 有楽町

Syma(シーマ)銀座店

デスクワークでガチガチになった肩もほぐしてもらいたかったので、肩のマッサージが付いている「頭皮重視脳ほ…続きを読む

頭美人へのご意見・ご要望や
掲載してほしい店舗など
なんでもお聞かせください♪

メールアドレス(任意)

ご意見・ご要望など

ご返信が必要な方は必ず
メールアドレスをご入力ください。