ヘッドスパサロンを探す

こだわりの条件

ヘッドスパ講座

ヘッドスパとは 効果・効能
人気の秘密 自宅でヘッドスパ

ヘアケア講座

日常のトラブル 美髪の秘訣
髪の基礎知識 髪の講座
頭皮ケアの講座  

ヘアレシピ

ライフスタイル×ヘアアレンジ

トップス ボトムス
アウター アクセサリー
オフィス コスプレ
トレンド メイク
ブライダル 学校
女子会 スポーツ
デート  

イベント×ヘアアレンジ

1月 2月
3月 4月
5月 6月
7月 8月
9月 10月
11月 12月

その他のコンテンツ

特集記事 ヘッドスパ診断
前髪美人 ギフトクーポン
ノンシリコンシャンプー特集 ヘアケア用語集
ご利用ガイド クーポンのご利用について
よくあるお問い合わせ  
 

ワックスやスプレーによる髪への影響

Impact on the hair with a spray or wax

ワックス

ワックスやスプレーを水分が失われた髪に対して使う事が、パサパサ髪の原因だったのです。

ワックスやスプレーによる髪への影響

昔から髪のスタイリングに使用されてきたワックスやスプレーですが、パサパサになる人もいれば、そうでない人もいます。一体、その差はどこにあるのでしょうか?

まず、髪がパサパサになる理由のおさらいです。言うまでもなく、髪がパサパサになるのは水分を失っているからです。

その現象を引き起こす代表的な存在が「熱の影響」です。

熱は、髪の主成分であるタンパク質を変性させ、硬くします。
その変性のプロセスにおいて水を失うので、熱をかけすぎた髪は乾燥したツヤのない髪になってしまうのです。

実は、この熱はワックスやスプレーと深い関係を持っています。それは、これらのスタイリングアイテムは、ドライヤーなどの熱がかかった後に使われるということ。

熱の影響によってたんぱく質が変性し、水分が失われた所に、ワックスやスプレーでさらに追い打ちがかかります。

ワックスに含まれるアルコールが根源?

wax
では、このワックスやスプレー、どういった成分が髪の水分を失わせ、あなたの髪をパサパサにしてしまうのでしょうか?

ワックスやスプレーに含まれる成分のうち、髪に深刻な影響を与えるもの、それは「アルコール」です。
アルコールは、ワックスやスプレーに含まれる様々な成分を混ぜ合わせるためには欠かせない成分です。

また、髪の水分をコントロール、つまり早く乾かせる効果があるため、スタイリングスプレーによく使われています。

ですから、ワックスやスプレーそのものに髪を乾燥させる要素があるのではなく、その外側を構成する要素が髪を乾燥させるため、それらを使ってはいけないという訳ではないのです。

ワックスによって髪の水分を失わないためには?

ワックス(アルコール)
髪の水分のを失わないためには、できるだけアルコールを使用していないワックス・スプレーを選ぶということが大切です。

アルコールが少なければ少ないほど、髪の失う水分は少なくなります。

また、できるだけ熱のかかっていない状態でこれらを使いましょう。熱がかかった後の髪は、ダメージを受けて水分が失われやすくなっています。

アルコールが多く含まれたヘアケア剤を使い続けると、アルコールの水分を蒸発させる働きにより、頭皮や髪は乾燥してダメージを受けてしまいます。

さらに髪の毛を作るたんぱく質「ケラチン」を壊してしまう恐れもあるので、髪は弱くなり抜けやすくなります。
つまり、アルコール入りの整髪料は、薄毛につながってしまうので要注意です。

ノンアルコールのワックスやスプレーの効果

ムースやジェルはノンアルコールを使おう!
髪をダメージから守るためには、アルコールを使っていないワックスやスプレーがおすすめです。美容院で扱っているものや、薄毛の方用に開発された市販の商品があります。

ノンアルコールのワックスやスプレーの効果

アルコールは頭皮を乾燥させてダメージを与えるだけでなく、髪の毛の内部に浸透して髪の成分を外に溶かしてしまう働きがあります。

頭皮と髪に毒の成分を使っていると言っても過言ではないのです。

頭皮を弱らせる界面活性剤などの化学成分やアルコールを使っていないものを選ぶようにしましょう。ノンアルコールのヘアケア剤なら頭皮や髪の細胞を破壊することなく髪を守れるので、安心です。

ヘアケア剤もノンアルコールがオススメ

髪にヘアケア剤をつけると、スキッとした爽快感を得られたりさわやかな清涼感を感じたりしますよね。これはアルコールのおかげなのです。

アルコールが配合されていないヘアケア剤は、爽快感は得られませんがアルコールによる髪へのダメージを減らせます。

爽快感や清涼感はつけた時の少しの時間のみの効果です。頭皮や髪によくない成分をわざわざ取り込むよりも、爽快感はないけれど髪に優しいノンアルコールのヘアケア剤を使いたいですよね。

髪のみに使っているつもりでも、長時間ついているので知らないうちに汗などで頭皮にも流れていくことがあります。

アルコール濃度の高い整髪料のせいで頭皮がダメージを受けてしまえば、そのまま髪にもダメージが与えられます。

抜け毛などで悩んでいる方は、整髪料をノンアルコールに変えましょう。

ワックスやスプレーを毎日つけていると薄毛になる?

ワックスを毎日つけていると薄毛になる?
男性なら多くの方が、将来の薄毛に不安を抱えたことがあるのではないでしょうか。

実はスタイリング時に使用するワックスも使い方を誤ると、頭皮に悪影響を与え、薄毛の原因になってしまうのです。

ワックスやスプレーと薄毛の関係

薄毛の原因は様々で、遺伝や生活習慣などと言われています。ですが、頭皮環境を健康に保つことも欠かしてはいけません。

毛穴に詰まった皮脂などの汚れをきちんと洗い流して、血行促進を促すのが薄毛予防の基本です。

そしてワックスですが、主に油分が多く含まれています。頭皮に付けてしまうと毛穴を詰まらせてしまい、髪の毛に十分な栄養を送り込めなくしてしまいます。

そのため、ワックスを頭皮につけてしまうと、薄毛を促進させてしまいます。

ですが、そもそもワックスは頭皮につけるものではなく、髪の毛につけるものなので、頭皮につけないのであれば特に悪影響はなく、薄毛につながることはありません。

ワックスやスプレーは毎日つけないほうが良い?

頭皮につけない限り、薄毛には影響ないのでワックスは毎日つけても大丈夫です。髪が短い方は頭皮につけないように慎重にスタイリングしましょう。

スプレー系のスタイリング剤も距離が近いと頭皮にべったりと付いてしまうので、30センチ以上の距離をとってスプレーしましょう。

また、必ず1日の終わりにはシャンプーをしてワックスを洗い流してあげることは、欠かしてはいけません。

シャンプーが中途半端だと髪につけたワックスが頭皮に広がり、余計に毛穴を詰まらせてしまったり、流しが足りないとワックスの油分を栄養として菌が繁殖して、それが原因で薄毛につながってしまいます。

美容院でのシャンプーが丁寧なように、髪に汚れを残さない為にも、自分が思っている以上に丁寧にしっかり洗うようにしましょう。

ワックスがついた髪の正しい洗い方

ワックスがついた髪の正しい洗い方
ただ、ワックスがついた髪は、シャンプーをしてもなかなかキレイに洗い流すことができません。しかし、ワックスの洗い残しは、髪や頭皮に悪い影響を与えてしまいます。

髪についたワックスがキレイに落ちないのは、ワックスに多くの油分が含まれており、水をはじく性質を持っているからです。

油分は水とは相性が悪くキレイに落とすのが難しいですが、同じ油分で洗うとキレイに落とすことができます。

この特徴を活かしてワックスを洗い流す際には、油分を含んでいるトリートメントやコンディショナーを利用してシャンプーをおこないます。

まず髪を濡らします。続いてコンディショナーをつけ髪に浸透させます。

コンディショナーが馴染むとコンディショナーの油分とワックスの油分が乳化し、浮き上がってきます。浮き上がってきたら、ひとまず洗い流します。

そのあとでシャンプーを通常通りおこない髪を洗浄します。

このやりかたは、普段おこなうシャンプーの後にコンディショナーを馴染ませる方法と逆の順番で洗う方法です。

ワックス専用のシャンプーのメリットとデメリット

通常のシャンプーでは落ちにくいワックスを落とすことに特化したシャンプーもあります。洗浄力が非常に強いため、髪についたワックスも落ちやすいのが特徴になります。

しかし洗浄力が強いゆえのデメリットもあります。髪の毛へのダメージが大きく、シャンプー後に髪がパサつく原因にもつながります。

そのため洗浄力を優先する場合は良いですが、ダメージケアのことを考えるとおススメすることはできません。
トリートメントの油分とワックスの油分を乳化させると、ワックスが洗い流しやすくなります。

またワックス専用の洗浄力が強化されたシャンプーもあります。

高い洗浄力ゆえの髪へのダメージというデメリットもありますが、うまく活用すると非常に便利なアイテムでもあります。

スタイリング剤がしっかり落とせていないと・・・?

スタイリング剤がしっかり落とせていないと・・・?
スタイリング剤は日々のシャンプーをしっかりしていれば綺麗に落ちるというわけでもありません。

スタイリング剤の残留物質が頭皮の毛穴に詰まり、抜け毛の原因になったり、肌トラブルを引き起こす原因になったりします。

スタイリング剤に含有されている成分

スタイリング剤には少なからず「油分」が含有されています。

昨今のシャンプーは、髪を優しく洗い上げる、頭皮をいたわる、というものが増えてきていますので、洗浄力が弱いものがほとんどです。

かといって洗浄力の強いものでは髪に刺激があったり、敏感な肌の方には染みてしまったりするものです。こうなるとどうすればいいのか悩んでしまいますね。

シャンプーだけが洗浄方法ではない!

シャンプーで落ちないのであれば、どうしたらいいのでしょうか。

方法としては様々ですが、濡らす前にブラッシング、そしてプレシャワー(しっかり濡らして流す)をすることによって7割程度の汚れが落ちますし、シャンプーの泡立ちもよくなります。

しかし、しっかり固めてしまっている状態の髪ではそれも難しいです。

スタイリング剤を綺麗に落としたいときには、炭酸スパがおすすめ!

そんな悩みを解消するには炭酸スパをお勧めします。

炭酸の持つ洗浄力は、髪に残った不純物や、頭皮の汚れを優しく落としてくれます。

お肌で言う「クレンジング」と同じものです。洗浄をすることによって様々な効果が期待できるのです。

さらに血流がよくなることによって抜け毛予防育毛促進、髪質の状態も変わってきます。

髪を健康に保つためには、『老廃物が速やかに排泄されること』、『新鮮な酸素や栄養がしっかり送り込まれてくること』、『頭部毛細血管の血液の流れが滞っていないこと』が必要になりますが炭酸ヘッドスパなら、それを全て叶えてしまうのです!
更に今後のトリートメント成分の吸収も良くしてくれる優れものです。

日々オシャレをする為に、スタイリング剤や洗い方にもこだわりましょう!

記事が気に入ったら「いいね!」お願いします。

頭美人では、髪や頭についての気になる記事をご紹介!

日常のトラブル

日常のトラブル

仕事のストレス

仕事のストレス

仕事のストレス

仕事でストレスが溜まって、心身ともに調子が良くない。そんな時は、髪の毛にも影響が…

食生活について

食生活について

食生活について

偏った食生活は、肌や身体の調子が崩すだけでなく、髪にも悪影響を及ぼします。

睡眠について

睡眠について

睡眠について

睡眠不足になると体中の血管が収縮され、頭皮に栄養が行き渡らなくなってしまいます。

喫煙について

喫煙について

喫煙について

喫煙は薄毛や抜け毛など、髪や頭皮にも深刻な影響を与えます。

ワックスやスプレー

ワックスやスプレー

ワックスやスプレー

実は髪に良くない成分が配合されているというのはご存知でしたか?

カラーリングやパーマ

カラーリングやパーマ

カラーリングやパーマ

おしゃれのためにカラーリングやパーマを楽しむなら、適切なケアを忘れずに。

ドライヤーについて

ドライヤーについて

ドライヤーについて

間違った使い方は、髪にダメージを与えてしまいます。

ヘアアイロンについて

ヘアアイロンについて

ヘアアイロンについて

枝毛や切れ毛に悩んでいる方、今の髪の状態がどうなっているかご存知でしょうか?

エクステ/ウィッグ

エクステ/ウィッグ

エクステ/ウィッグ

エクステを付けている時のヘアケア方法をご紹介いたします。

季節

季節

季節

季節が変わると同時に髪の悩みにも変化が起きます。それぞれの季節に多い悩みと適切な…

今注目されているヘッドスパクーポン

今注目されているヘッドスパクーポン

薄毛や抜け毛の予防におすすめのノンシリコンシャンプー

おすすめノンシリコンシャンプー

ヘアケア記事一覧

ヘッドスパ診断

  • 炭酸泉ヘッドソーダスパって?
  • ノンシリコンシャンプー特集
  • おうちで試してみませんか?
  • ヘアケア用語集

人気ページランキング

人気ページランキング

2017年08月19日更新

おすすめクチコミ

おすすめクチコミ

ワヤンプリ 銀座店

中央区 / 銀座

ワヤンプリ 銀座店

店内がリゾート地みたいで、普段と違う空気が楽しめます!観葉植物と心地よいアロマの香りでとても安らぐ…続きを読む

Simple idea Relax 銀座店

中央区 / 銀座

Simple idea Relax 銀座店

ヘッドスパ初体験でしたが、とーってもよかったです! 店内はとても清潔感があって、スタッフの方も皆さん笑…続きを読む

Syma(シーマ)銀座店

銀座一丁目 / 有楽町

Syma(シーマ)銀座店

デスクワークでガチガチになった肩もほぐしてもらいたかったので、肩のマッサージが付いている「頭皮重視脳ほ…続きを読む

頭美人へのご意見・ご要望や
掲載してほしい店舗など
なんでもお聞かせください♪

メールアドレス(任意)

ご意見・ご要望など

ご返信が必要な方は必ず
メールアドレスをご入力ください。