細毛や猫っ毛の原因について

About the cause of the cilia

細毛や猫っ毛の原因について

細毛を改善するためにも生活習慣を見直しましょう

細毛や猫っ毛とは?

細毛というのは、髪の毛が細くボリュームの少ない髪質のことを差します。猫っ毛というのは、細毛の俗称のようなもので、猫のようにボリュームが少ないという意味で使われます。
特に女性は「猫っ毛」といい、男性は「細毛」というようなイメージがありますが、どちらも同じことを指します。

細毛の原因とは?

髪が細く、痩せてしまう原因は、生活習慣の乱れと男性ホルモンの影響が大きいのです。
生活習慣が良くないと言うのは、具体的に栄養バランスの悪い食事、例えば野菜を全くとらないでコンビニ弁当などやファストフードを常食する、深夜に食事をする、三食食べずに過ごす、不規則な時間帯に食事をするなどです。
全身が運動不足により凝り固まっていると血液の流れも悪くなり、全身の様々な場所に栄養を運ばなくなります。
髪も栄養が必要なのですが、頭皮の血行が悪く頭皮がガチガチでさらに栄養不足では髪も成長できなくなり、どんどん抜け落ちてしまいます。今ある髪の毛も栄養不足で痩せて成長段階で抜けてしまうのです。
男性ホルモンの特徴として、悪い働きをするDHT(ジヒドロテストステロン)が髪の成長を阻害してしまいます。この影響を受けると髪は成長をやめ地肌が目立ってきます。
さらに進むと成長しきれない細くて弱々しい髪ばかりになってしまうので、いずれ地肌が露出してきてしまいます。これがAGA(男性型脱毛症)という症状になってしまうのです。

細毛を改善するには

いきなり薬剤に頼るのではなく、まずは生活習慣の見直しをします。
ストレスが一番の原因になりますのでストレスがありそうだと思ったら、上手に解消する方法を探したりして対策をしていきましょう。
栄養バランスをしっかり取って、髪に良いと言われる食材や食事法を取り入れましょう。規則正しい生活こそが一番の改善法です。
さらに運動を全くしていない場合は、ストレッチや少しでも歩くことなどを意識して下さい。全身の血液循環をよくしていきましょう。
シャンプーもなるべく添加物のない商品を使用して、固くなった頭皮をマッサージするようにします。無添加のシャンプーでは物足りない気もしますが、慣れてくれば大丈夫ですし、添加物の悪影響がなくなって、地肌が見えにくくなり髪も健康的に復活してきます。
なかなか改善しない時には適切な薬剤を
髪に悪い影響を与える男性ホルモンですが、生活習慣を改めてもなかなかよくならない、髪の劣化が進んでいくような場合は、男性ホルモンを抑制する薬を試してみるのも良いと思います。早めの対策が重要です。

記事が気に入ったら「いいね!」お願いします。

頭美人では、髪や頭についての気になる記事をご紹介!

髪の講座

髪の講座

あなたにおすすめのヘッドスパクーポン

あなたにおすすめのヘッドスパクーポン

薄毛や抜け毛の予防におすすめのノンシリコンシャンプー

おすすめノンシリコンシャンプー

ヘアケア記事一覧

ヘッドスパ診断

  • 夏にぴったりなアレンジ&ヘアケア
  • 炭酸泉ヘッドソーダスパって?
  • ノンシリコンシャンプー特集
  • おうちで試してみませんか?
  • ヘアケア用語集

人気ページランキング

人気ページランキング

2016年08月25日更新

おすすめクチコミ

おすすめクチコミ

ワヤンプリ 銀座店

中央区 / 銀座

ワヤンプリ 銀座店

店内がリゾート地みたいで、普段と違う空気が楽しめます!観葉植物と心地よいアロマの香りでとても安らぐ…続きを読む

Simple idea Relax 銀座店

中央区 / 銀座

Simple idea Relax 銀座店

ヘッドスパ初体験でしたが、とーってもよかったです! 店内はとても清潔感があって、スタッフの方も皆さん笑…続きを読む

Syma(シーマ)銀座店

銀座一丁目 / 有楽町

Syma(シーマ)銀座店

デスクワークでガチガチになった肩もほぐしてもらいたかったので、肩のマッサージが付いている「頭皮重視脳ほ…続きを読む

頭美人へのご意見・ご要望や
掲載してほしい店舗など
なんでもお聞かせください♪

頂いたご意見・ご要望への回答は
おこなっておりません。
ご返信が必要なお問い合わせはコチラ