ヘッドスパサロンを探す

こだわりの条件

ヘッドスパ講座

ヘッドスパとは 効果・効能
人気の秘密 自宅でヘッドスパ
お店の選び方 施術の流れ
お悩みQ&A

ヘアケア講座

日常のトラブル 美髪の秘訣
髪の基礎知識 髪の講座
頭皮ケアの講座  

ヘアレシピ

ヘアスタイル×ヘアアレンジ

トップス ボトムス
アウター アクセサリー
オフィス コスプレ
トレンド メイク
ブライダル 学校
女子会 スポーツ
デート  

イベント×ヘアアレンジ

1月 2月
3月 4月
5月 6月
7月 8月
9月 10月
11月 12月

その他のコンテンツ

特集記事 ヘッドスパ診断
前髪美人 ギフトクーポン
ノンシリコンシャンプー特集 ヘアケア用語集
ご利用ガイド クーポンのご利用について
よくあるお問い合わせ 炭酸ヘッドスパ
 

髪のパサツキが気になる方へ!自宅でケアするヘアケア用品やストレートパーマについてご紹介します!

How to choose hair care products to use at home and straight perms that save time ♪

自宅で使うヘアケア用品の選び方と時短に嬉しいストレートパーマについて♪

現在は、様々なヘアケア製品やスタイリング剤、パーマの種類がありますよね!

種類が多いからこそ、自分にぴったりのものを見つければ、美髪も手に入れつつスタイリングも上手くいくのではないでしょうか?

そこで今回は、今さら聞けないヘアケア製品やスタイリング剤、またストレートパーマと縮毛矯正の違いなどについてご紹介します!

自分に合う商品ややり方を見つける参考にしてみてください。

ヘアケア製品は色々な種類を試した方がいい?

まずは、数あるヘアケア製品の中からシャンプーとトリートメントについてご説明します。

ヘアケア製品は、成分表示や宣伝内容などの情報によって大まかな効果は把握することができます。

しかし、自分の髪質や頭皮に合ったヘアケア製品を見つけるためには、いろいろな種類を試した方がいいんです。

それは、頭皮や髪質は人それぞれの特徴があり、ヘアケア製品とも相性の良い悪いがあるためです。

ですのでヘアケア製品の使い心地や効果は、実際に使用し続けてみないと分からないことが多いです。

シャンプーの見つけ方

ヘアケア製品は色々な種類を試した方がいい?

まずシャンプーの見つけ方です。

シャンプーは「高級アルコール系シャンプー」「石鹸シャンプー」「アミノ酸シャンプー」の3つに分けることができます。

高級アルコール系シャンプー

高級アルコール系シャンプーは洗浄力が高いのですが、その分肌への刺激も強くなります。

そのため、肌が丈夫な方におススメのシャンプーです。また価格帯もリーズナブルなのでシャンプーに対するこだわりが薄い方にもおススメです。

石鹸シャンプー

石鹸シャンプーは毛穴の中までしっかり汚れを洗い流すことができます。

そのため、皮脂の分泌量が多く頭皮のベタつきが気になる方におススメです。

しかしアルカリ性のため髪を傷めやすいので注意が必要になります。

アミノ酸シャンプー

アミノ酸シャンプーは肌への刺激が弱いため、敏感肌の方や頭皮が乾燥気味の方におススメです。

しかし洗浄力が弱いため、しっかり汚れを洗い流したい場合には適していません。

トリートメントの見つけ方

トリートメントは洗い流すタイプと洗い流さないタイプの2種類があります。

2つの大きな違いは配合されている成分の界面活性剤の量です。

洗い流すタイプには界面活性剤が多く含まれています。

そのため肌への刺激が強く使い方を間違えると頭皮を傷める原因にもなります。

トリートメント効果については、洗い流さないタイプのほうが髪への浸透率が高いものが多いです。

使用方法は洗い流すタイプがシャンプー直後、洗い流さないタイプは風呂上がりのタオルドライ後に使用します。

使用感は、オイルやクリームはしっとりと仕上がり、ミルクは多少軽めの仕上がり、スプレーはサラサラにしたい方や携帯に便利です。

そのため、自分の髪質に合う流さないトリートメントをみつけることが重要となります。

そして、流さないトリートメントの効果は、流すトリートメントと同様に、ダメージを受けている髪の内部に浸透し補修する役割を果たしてくれます。

それだけでなく、髪の保湿や保護成分で、ドライヤーの熱や紫外線など外部からの刺激からも守ってくる効果が期待できます。

ヘアオイルと流さないトリートメントの違いとは

今更聞けない!流さないトリートメントってスタイリング剤の代わりに使えるの?

流さないトリートメントにもオイルがあるので、ヘアオイルとの違いが分からない方も多いと思います。

まず、ヘアオイルとは、髪のコーティング力にとても優れている製品です。

使われているオイルは大きく分けて2種類。

植物性と鉱物性に分けられます。

鉱物性は油分やシリコン剤が配合されているため、手触りやツヤアップにとても優れていて、植物性は天然成分で作られているので、保湿効果が高く髪に馴染みやすいことが特徴です。

ヘアオイルはどちらも、髪の補修というよりも、髪にうるおいやツヤを与えて、パサつく髪をしっとりとした髪に仕上げる効果に優れています。

髪のまとまりを重視している方や、うねり広がりが気になっている方におすすめです。

このように、ヘアオイルは髪の外側だけの保護やツヤアップを目的としていて、流さないトリートメントは髪内部の補修をしつつ髪の保護もしてくれます。

ただ、現在では、オイルの流さないトリートメントも発売されているので、そこまで使用感の大差はないといって良いでしょう。

スタイリング剤の代わりとして使っても良いの?

結論としては、良いです。

髪を補修してくれキューティクルも整うのでツヤもでますし、乾燥を防いでくれて、まとまりも良くなります。

ボブには、流行りのウェットスタイルとして、ストレートには毛先のパサつき改善としておすすめです。

ただし、パーマスタイルは、パーマを維持する効果は期待できませんので、流さないトリートメントのあとにパーマ用のスタイリング剤を使用した方が良いでしょう。

スプレーの種類と使い分け方

スプレーの種類と使い分け方

続いて、スタイリング剤の中でも多くの人が使っているであろうスプレーについて解説していきます。

スプレーは髪質や気候条件、セットしたい髪型によって、そのスプレーの使用用途が変わってきます。

主にどのようなスプレーがあるのか、種類別にみていきましょう。

ハードスプレー

髪質問わずスタイリングする力が最も強いスプレーです。

風が強い日、一日中忙しくて途中で髪をセットする時間がないときなどは、このようなスタイリングが人気を集めています。

また、汗をかきやすい方や髪がまとまりにくいという方にも人気のスプレーです。

艶出しスプレー

乾燥肌の方や髪がパサつきやすい方に人気のスプレーです。髪の保水性を高めてくれます。

艶のある髪を維持し、特に女性の方に人気があるスプレーです。

ただ、もともと脂性の方や汗かきの方にはあまり向いているスプレーとは言えません。

紫外線(UV)カットスプレー

日差しの強いシーズンに重宝できるスプレーで、紫外線によって髪が傷んだり、パサついてしまうのを防ぐスプレーになります。

海やプールに行くときは使っておきたいスプレーです。

また、日中外出する機会の多い方も使用すると良いでしょう。

スプレーの使い分けについて

スプレーでガッチリと髪を固めたい時はハードスプレーがおすすめですが、髪の表面となるキューティクルを閉じ込めてしまう状況になってしまいますので、できるだけ早いタイミングで洗い落とし、髪のダメージを最小限に抑える必要があります。

風の強い日などの悪条件ではない限りは、できるだけ使用は控えたいところです。

日常的にヘアスプレーを使うなら、オーガニックオイルが配合された、髪にダメージを最小限に抑える作用を持つスプレーがおすすめです。

髪に潤いを与えつつ、しっかりとしたまとまりを与えるものが登場しています。

中には、ミスト状のヘアスプレーであまり髪の毛にシリコンなどの添加物が付着しない、髪のケアを考慮したスプレーも登場しています。

パサつきが気になる方には

ヘアケアとスタイリング

髪がパサつきやすい方は、保湿成分のあるグリチルリチン酸2Kやパンテノールなどが配合された保湿性が高いものを選ぶと良いでしょう。

また、デリケート肌の方やかゆみが生まれやすい方は、抗炎作用のあるスプレーを選ぶと良いでしょう。

ただ、スプレー全体に言えるのですが、髪の表面を覆うことはいわば髪が息をできない状態です。

あくまでもスタイリングのための一時的な物として考え、髪の状態を保つことを考える場合は使用を出来るだけ最小限に抑えましょう。

しかし、いつもスタイリング剤を使って髪をセットするのが面倒と感じている方の中には、パーマをかけた方が楽!という方も多いのではないでしょうか?

そんなパーマの中でも、注目度が高いストレートパーマを中心にご説明します。

ストレートパーマにも様々な種類がある?

梅雨時期だったり湿気が多い時期になると、ストレートパーマや縮毛矯正などをする方が増えますよね。

湿気で髪のクセがいつも以上に際立って、うねったり、広がったりして扱いずらい…そんな悩みを持つ方は、ストレートパーマや縮毛矯正で髪の悩みを解消したい!と考える方も多いのではないでしょうか。

ただ、ストレートパーマのイメージといえば、「針金の様に毛先までまっすぐになる」「不自然なストレート」「ボリュームダウンしすぎてペッチャンコになる」「ダメージが酷い」などのイメージを持つ方もいますよね。

しかし、パーマには工程の違いで、デジタルパーマ・コールドパーマ・エアウェーブ、巻き方で、スパイラルパーマ・ツイストパーマ、使う薬で、コスメパーマ・シスチンパーマ、ニュアンスでくせ毛風パーマ・ゆるふわパーマなどの変化をもたせることができます。

そのため、ストレートパーマもパーマほどではないにしろ、目指すスタイルによって、使い方や工程を工夫できるものなのです。

ストレートパーマにする工程は?

ストレートパーマもアイロンの代わりにブローを行いますが、やり方によってはその工程を入れず濡れたまま次の工程に進む事も可能なのです。

アイロンの熱も調整ができ、90℃あたりから180℃まで選択することが可能です。

つまり、熱を使う工程のなかだけでも、「使わない」「ブロー」「低温度」「高温度」大きく分けてもこれだけあります。

さらに、その前に使う1液とよばれる還元剤の種類も多様にありますし、2液の種類やその薬をつける場所、毛先を外す、外さないなど、その組み合わせも多様にあって、様々なタイプのストレートパーマが存在するのです。

しかし、いくら種類があるからといって、ストレートパーマによるダメージをゼロにすることはできません。

そのため、髪のダメージや仕上がりが気になるという方は、ぜひ“ストレートパーマ”と言うものを、全てひとくくりにしないで、様々な可能性を美容師さんと相談してみてください。

また、かけたストレートパーマが微妙といったときに縮毛矯正をかけなおすことは可能なのか、疑問を持つ人も多いのではないでしょうか?

ストレートパーマの後に縮毛矯正をかけてOK?

ストレートパーマをかけたが、パーマがあまりかからず縮毛矯正をかけなおしたい!という場合もありますよね。

しかし、ストレートパーマをかけた後に縮毛矯正をかけても大丈夫なのでしょうか。

ストレートパーマと縮毛矯正の違い

ストレートパーマにも様々な種類がある?

ストレートパーマと縮毛矯正は施術方法から大きく違います。

簡単に言うと、途中工程でアイロンの熱を当てるか当てないかの違いで、熱を加えた方がより頑丈にストレートにする事ができます。

それが縮毛と言われる強固なクセ毛を矯正する「縮毛矯正」です。

ストレートパーマは、薬剤を髪に塗り伸ばしていきます。
通常のパーマとほぼ同じ施術方法です。

縮毛矯正は薬剤を塗った上に、コテによって髪に熱を加えながら伸ばします。

そのため縮毛矯正の施術は、ストレートパーマに比べ施術時間が長く、料金も高いです。

またコテによって直接熱を加えるため、髪へのダメージが大きくなります。

持続期間は、縮毛矯正が圧倒的に長いです。

ストレートパーマは、ほぼクセ毛は伸びず、現在では、以前にかけたパーマを落とすだけのストレートとして使われています。

パーマ同様、施術後から一定期間が経つと自然に元に戻ります。

しかし縮毛矯正を施した部分は半永久的にストレートのままです。

それぞれのメリットについて

ストレートパーマには「価格の安さ」「施術時間の短さ」「髪へのダメージの少なさ」といったメリットがあります。

一方縮毛矯正は、「持続期間の長さ」「くせ毛を矯正する効果の高さ」に優れています。

ストレートパーマと縮毛矯正の使い分け

ストレートパーマの特徴

ストレートパーマは、主にパーマでウェーブをかけた髪を、元に戻す用途で使用します。

ストレートパーマは本来、くせ毛を矯正するための施術ではありません。

そのため軽いくせ毛はストレートにすることができますが、強いくせ毛をストレートにするのは難しいです。

縮毛矯正の特徴

一方縮毛矯正は、くせ毛を伸ばしストレートにするために開発された技術です。

そのためかなり強めのくせ毛でも綺麗なストレートにすることが可能です。

ストレートパーマはパーマを戻すとき、縮毛矯正はくせ毛をストレートに伸ばすときといった使い分けが一般的です。

結果的にストレートパーマの後に縮毛矯正はかけられるのか?

自分の髪に合ったストレートパーマと正しいケア方法でツヤ髪を目指そう!

ストレートパーマをかけた後に縮毛矯正を施すことは可能です。

通常の縮毛矯正と同様に効果が得られます。

しかし髪へのダメージには注意が必要です。
縮毛矯正は、ストレートパーマ以上に髪にダメージを与える施術です。

現在の髪の状態が縮毛矯正をかけるのに適している状態か、美容師さんに相談してから判断すると良いでしょう。

ストレートパーマの後に縮毛矯正を行う場合は、髪へのダメージに十分注意しましょう。

ですのでダメージが気になる方に、最新の美容技術である「低温ストレート」について、ストレートパーマとの違いをご説明します。

低温ストレートと一般的なストレートの施術の違いとは?

低温ストレートという美容の最新技術をご存知ですか。

髪のうねりやクセが強いので改善したい、あるいは髪をなるべく傷めずにストレートヘアを目指したい方のためのストレートパーマです。

薬剤並びにヘアアイロンを使用しますが、その名のとおり温度が“低温”に保たれ、髪に感じる温度が40度台の設定なのです。

ストレートヘアを実現するために、一般的には高温の熱で髪を伸ばす[=熱変性が生じる]ことが多く、そうした処置をすることで髪のタンパク質が部分的に硬くなり、触った感じにも違和感が出ることがあります。

髪への負担が少ない

一般的なストレートパーマ[縮毛矯正を含む]は、ヘアアイロンの全ての面を髪にあて、高温で髪をストレートにしています。

一方、低温ストレートに至っては特殊アイロンにより髪に付着する部分を点にすることで、髪への負担を最大限少なくした状態での施術を実現させています。

低温ストレートのおよそ倍の温度での施術と考えれば、一般的なストレートパーマ施術を選択した際の髪への負担の大きさが窺えます。

低温ストレートでの施術では、ストレートヘアのもち具合は3ヶ月程度と、一般的なストレートパーマよりはもちが短いことが通常のようです。

ですが、その分髪への刺激は抑えられるので、再度ストレート施術を考える方や頻繁にパーマをかけたい方にとってはぜひ選択肢のひとつに加えたい新技術と言えます。

低温ストレートのメリットとは?

髪の施術を考えるとき、懸念するのはどのようなことでしょうか。

パーマをかけたい、あるいはカラーリングしたい…、その次に心配するのは施術後のヘアのもち具合や、ヘアダメージなのではないでしょうか。

髪が丈夫な方にとっては問題ないかもしれませんが、多くの場合パーマやカラーリングで必ずといっていいほど髪はダメージを受けるものです。

「傷まないパーマはない」「傷まないカラーリングはない」と断言する美容師さんもいます。

ですが、男女共にイメージの大部分をつくりあげるヘアスタイルは、特に現代において非常に重要なアピールポイントのひとつです。

好きなように、自由なヘアアレンジを楽しみたいと考える方が大多数であると思います。

低温ストレートの最大のメリットは新技術により低温施術が可能になったことから、何より髪へのダメージが少ない状態で、ご希望のストレートヘアを完成させることができる点にあります。

一般的なストレートパーマを施した場合に直毛のような仕上がりになっていたものが、低温ストレートではアレンジの幅が広がり、より自然なヘアスタイルを楽しめるようになっているのです。

カールパーマを落としたい方にもおすすめです!

気になる方は、ぜひ施術できるサロンを探してみてください♪

また、ストレートパーマをかけている人は、髪がピーンと真っすぐなので、コテで巻き髪アレンジもしたくなりますよね。

そこで最後に、コテの選び方についてご説明します。

最初に選ぶコテはどんなものにすれば正解?

コテの種類

自分で髪を巻くことができれば、さまざまなスタイルを楽しめます。

そのためにも、まず大切なのが自分に合ったコテ選びです。

電気店や美容室、インターネットなど、コテは多くの場所で手に入れることができますが、種類が多くて初めての時はどれがいいのか迷ってしまうかもしれません。

コテの種類とコテを選ぶ際のポイントについてご紹介します。

ポイントは太さと温度

コテを探す時のポイントは太さと温度です。

コテの太さには、19mm、26mm、32mm、38mmの4種類があります。

『ショートの方は19mm』、『ショートから肩につくくらいのミディアムの方は26mm』、『ミディアムからロングの方は32mm』、『ロングで大き目の緩めなカールをかけたい方は38mm』がよいです。

温度は130~200℃まで幅広いですが、130~140℃だと低すぎてなかなかカールができないばかりか、時間をかけすぎて髪を傷めてしまう可能性があります。

逆に200℃と高すぎるとカールが強くなりすぎたり、やけどをしてしまうこともあります。

プロの場合には200℃で巻くこともありますが、一般的には160~190℃くらいのものが使いやすいです。

最初に選ぶコテはどんなものにすべきか

コテの太さは、自分の髪の長さや希望するスタイルに合わせて選びます。

まず髪が短くショートの場合には、19mmを選びましょう。

ミディアムやロングの方は、最初は32mmのコテを選ぶと使いやすいです。

細いコテでは細かいカール、太いほどゆるやかなカールが作れると考えていいですが、温度と巻く時間によっても変わります。

温度が高く、巻く時間が長ければカールはきつくなりますが、気をつけなくてはいけないのが長く巻けば巻くほど髪が傷むので適度な温度に設定しましょう。

普段使いにはコテの温度は160~190℃がよいですが、初めてでまだコテの扱い方に慣れていない人は150~180℃から始めるとよいかもしれません。

電気店から美容室まで、コテはさまざまなものが手に入り、価格にも幅があります。

最初は安いものを購入して、慣れてきたら高いものに変えるというのも1つの方法です。

美容室のものは高いですが、品質は保証されているので安心です。

コテは一度買ったら、長く使えるので最初に良いものを購入してしまうのもよいかもしれません。

今度髪を切りに行くときに、美容師さんに相談してみてください。

また、ヘアケア製品やスタイリングの方法を選ぶ時も、自分の髪質と用途を考えて選ぶ必要があります。

自分自身とよく相談して、ぴったりの商品や方法を見つけましょう!

記事が気に入ったら「いいね!」お願いします。

頭美人では、髪や頭についての気になる記事をご紹介!

https://www.atama-bijin.jp/hair_care/wp-content/uploads/2019/03/96c57207a015ee0b5e932d1bedb463b1-wpcf_300x300.jpg

監修者:頭美人運営事務局

頭美人

頭美人は、「健康は頭から」をコンセプトに運営しているヘアケアメディアです。髪や頭の専門家が集まっており、多数のヘアケア関連のサロンも掲載しています。髪や頭の事で悩んでいたら、きっと頭美人が解決してくれるはずですよ!

ネット予約可能な厳選サロン特集!

髪の基礎知識

髪の基礎知識

あなたにおすすめのヘッドスパクーポン

あなたにおすすめのヘッドスパクーポン

薄毛や抜け毛の予防におすすめのノンシリコンシャンプー

おすすめノンシリコンシャンプー

ヘアケア記事一覧

ヘッドスパ診断

  • 炭酸泉ヘッドソーダスパって?
  • ノンシリコンシャンプー特集
  • おうちで試してみませんか?
  • ヘアケア用語集
  • ヘッドスパ体験記

人気ページランキング

人気ページランキング

2021年06月23日更新

おすすめクチコミ

おすすめクチコミ

ワヤンプリ 銀座店

中央区 / 銀座

ワヤンプリ 銀座店

店内がリゾート地みたいで、普段と違う空気が楽しめます!観葉植物と心地よいアロマの香りでとても安らぐ…続きを読む

Simple idea Relax 銀座店

中央区 / 銀座

Simple idea Relax 銀座店

ヘッドスパ初体験でしたが、とーってもよかったです! 店内はとても清潔感があって、スタッフの方も皆さん笑…続きを読む

Syma(シーマ)銀座店

銀座一丁目 / 有楽町

Syma(シーマ)銀座店

デスクワークでガチガチになった肩もほぐしてもらいたかったので、肩のマッサージが付いている「頭皮重視脳ほ…続きを読む

頭美人へのご意見・ご要望や
掲載してほしい店舗など
なんでもお聞かせください♪

メールアドレス(任意)

ご意見・ご要望など

ご返信が必要な方は必ず
メールアドレスをご入力ください。