ヘッドスパサロンを探す

こだわりの条件

ヘッドスパ講座

ヘッドスパとは 効果・効能
人気の秘密 自宅でヘッドスパ
お店の選び方 施術の流れ
お悩みQ&A

ヘアケア講座

日常のトラブル 美髪の秘訣
髪の基礎知識 髪の講座
頭皮ケアの講座  

ヘアレシピ

ヘアスタイル×ヘアアレンジ

トップス ボトムス
アウター アクセサリー
オフィス コスプレ
トレンド メイク
ブライダル 学校
女子会 スポーツ
デート  

イベント×ヘアアレンジ

1月 2月
3月 4月
5月 6月
7月 8月
9月 10月
11月 12月

その他のコンテンツ

特集記事 ヘッドスパ診断
前髪美人 ギフトクーポン
ノンシリコンシャンプー特集 ヘアケア用語集
ご利用ガイド クーポンのご利用について
よくあるお問い合わせ 炭酸ヘッドスパ
 

ヘアスタイルが天気に左右されないために必要なケア

Care needed for hairstyles not to be affected by the weather.

03c66478a2e5aab072d0df2ae605038f_s

天気がいいのに、巻きが持続する日としない日があるのはなぜでしょうか?

天気に巻き髪が左右されるワケ

天気によって巻き髪の持続に差があるのは、空気中の水分の量が天気によって異なるからです。

雨の日がもっとも空気中の水分量が多くなりますが、晴れている場合でも湿度が高い日もあります。

前夜に雨が降った場合などは、晴れていてもまだ空気中に水分が多く残っていますので、湿度も高くなりやすいです。

天気がいいのに巻きが持続しない日というのは、晴れてはいても湿度が高い日だからです。

湿度と髪との関係性

湿度が高いほど、髪は空気中の水分を吸収してしまいます。

水分が巻き髪を崩す原因になるのは、「髪が膨張すること」と「重たくなること」の二つが理由です。

髪が膨張すること

髪が膨張すると、うねりや広がりが生じます。

このことによって、キープしていた巻き髪の形状が崩れてしまうため、巻き髪が維持できなくなります。

重たくなること

水分を含むということは、その分の重量も増えることになります。

重量が増えると重力による負担が大きくなるため、このことも巻き髪が崩れる原因になります。

巻き髪が持続するためには

天気がいいのに巻きが持続する日としない日があるのはなぜ?

湿度が高い日でも巻き髪を持続させるためには、髪が水分を吸収しにくくする必要があります。

髪にヘアオイルなどの油分でコーティングしておくと、水分の侵入を抑えることができます。

傷んだ髪ほど水分を吸収しやすくなりますので、ダメージヘアほどヘアオイルによるコーティングが大切になります。

また、巻き髪を持続させるためには、コテによるカールの付け方にもポイントがいくつかあります。

まず温度です。
コテの温度は高いほうが持続力があります。

湿度が高い日は、いつもより高い温度でしっかり巻きぐせをつけましょう。

そして、巻きぐせをしっかりつけるためには、熱を加えたあとに冷やすことが必要になります。

なぜなら、髪のくせは加えた熱が冷めるときに付くからです。

ですので、コテで巻いた後にドライヤーの冷風をあて、髪を冷ましてあげましょう。

最後に、スタイリング剤で固めましょう。

ヘアワックスとヘアスプレーを併用すると、湿度が高くても持続力が増します。

天気の良い日も、このようにしっかりとケアをすれば、巻き髪を持続させることができますよ。

一方、雨だから巻き髪を諦めてストレートヘアにしたにも関わらず、うねってしまったり広がってしまったり、、、

こんな経験はありませんか?

雨の日の湿度は髪の大敵ですよね。

ここからは、湿度による髪のうねり・広がりの原因や対策について紹介します。

湿度で髪がうねる仕組み

髪の毛を守るために保護している細胞膜のキューティクルが、さまざまなダメージを受けることにより破壊されてしまいます。

そして、その開いたキューティクルから水分が入り込むことで、コルテックスという髪の毛の内部にある組織が膨張し、水分バランスを崩すことでうねりが起こってしまいます。

くせ毛の方の場合は、くせ毛特有のたんぱく質の結合に原因があるため、髪の毛の内部の結合が均一ではありません。

湿気などで水分が入り込んでしまうと、膨張する部分と膨張しない部分の差が、直毛の方よりも大きく、そのぶんうねりも強くなってしまうのです。

湿度が高い時のうねり対策

湿気

キューティクルにダメージを与えてしまう一番の原因は、髪の毛をこすってしまうことです。

髪の毛が濡れている場合は、タオルにしてもブラシにしても、髪の毛が乾いている時よりもかなり傷みやすくなっています。

ですので、お風呂上がりの髪の毛のお手入れは、髪の毛を痛めないように丁寧かつ慎重に行う必要があります。

髪の毛が濡れている時は、手ブラシを絶対にしないこと、タオルドライをする時は、ゴシゴシこするのではなく、髪の毛をタオルに丁寧にはさみ、ポンポンと水分をタオルに吸い込ませていくようにするのが、髪の毛が傷まないコツとなります。

タオルドライの後は、まずは頭皮から乾かしていきます。ドライヤーは、髪の毛の根元から毛先に向かって当てていきます。

髪の毛を完全に乾かしてしまったら、今度は髪の毛に冷風を当てていきます。

そうすることで、キューティクルを引き締めることができます。

また、スタイリング剤で髪の毛をコーティングすることも大切です。

ミストタイプのヘアオイルを使用すれば、髪をコーティングすることで、髪の毛の内部に湿気が入るのを防ぎ、内部からの水分が蒸発するのも抑え、うねりが出るのを抑えてくれます。

ミストタイプは、通常のヘアオイルよりもさらっとした質感で、湿気の多い日にベタつきが気になるといったこともほとんどありません。

髪の毛が、ペタッとした印象になってしまうので、ただ、髪の根元にはつけないように注意しましょう。

髪の広がりの原因

湿気の多い日でも髪が広がっていない人がいるのはなぜでしょうか。
そこには、髪の状態も大きく関係しています。

どんなことが髪の広がりの原因なのか見ていきましょう。

髪の広がりの原因2つ
・高い湿度
・髪の傷み

髪の表面は、うろこ状の“キューティクル”という保護層で覆われています。

髪内部の水分やたんぱく質が流出するのを守り、頭皮からの脂分を毛先まで運ぶ役割を持っています。

しかし、高い湿度で必要以上の水分がキューティクル表面に付着すると、水分バランスが崩れるため髪が広がってしまうのです。

健康な髪であっても、水分過多で髪が広がったりぺたんこになったりしますが、キューティクルが剥がれて髪が傷んでいる場合は、水分も脂分も流出しやすい状態になっているので、さらに影響を受けやすくなります。

傷んだキューティクルは健康毛以上に湿気を吸い込むため、髪の広がりやうねり、ちりちり毛が目立つ、といった状態を起こしてしまうのです。

効果的なブラッシングのやり方

ブラッシングだけで梅雨の髪の広がりを抑えられる?

まずは、ブラッシングを強くやり過ぎると、摩擦によって髪が傷みやすくなることを知っておいてくださいね。

自宅編:効果的なブラッシングはシャンプー後がポイント

雨が多い時期は、シャンプー後のトリートメントで髪に保護膜を作っておきましょう。

傷んでいる場合は、ドライヤーで乾かす前の濡れ髪の毛先を中心に、ホホバオイルや椿オイルを1~2滴ほど塗布してからブラッシングすると、広がりを効果的に抑えられます。

外出時編:ブラッシングの回数と少量の油分補給がポイント

外出先では、ハンカチ等で髪の表面の水分を拭き取ってからブラッシングしましょう。

回数を多くすることで髪全体に水分が分散するため、広がりを抑えることができます。

また、髪表面に“乳液“を少量塗布したあとに、1分ほどハンカチを頭に乗せておくと、広がりやボサボサ髪を抑えられるので試してみてください。

雨の日の髪の広がりは、湿気を必要以上に髪に付着させないのがポイントです。

効果的なブラッシング方法で乗り切りましょう。

このように、ヘアスタイルが崩れる原因を知ってそれに合った対策をすることで、天気に左右されることなくオシャレを楽しむことが出来ますよ!

ヘアケアをしっかり行って、どんな日でも自分らしいヘアスタイルを保ちましょう!

記事が気に入ったら「いいね!」お願いします。

頭美人では、髪や頭についての気になる記事をご紹介!

https://www.atama-bijin.jp/hair_care/wp-content/uploads/2019/03/96c57207a015ee0b5e932d1bedb463b1-wpcf_300x300.jpg

監修者:頭美人運営事務局

頭美人

頭美人は、「健康は頭から」をコンセプトに運営しているヘアケアメディアです。髪や頭の専門家が集まっており、多数のヘアケア関連のサロンも掲載しています。髪や頭の事で悩んでいたら、きっと頭美人が解決してくれるはずですよ!

ネット予約可能な厳選サロン特集!

美髪の秘訣

美髪の秘訣

シャンプーについて

シャンプーについて

シャンプーについて

実は、毎日のシャンプーが美髪を作り出すのに最も大切だということをご存知でしょうか?

コンディショナー/リンスについて

コンディショナー/リンスについて

コンディショナー/リンスについて

コンディショナーやリンスの説明と、正しい使い方や手順などをご紹介します。

トリートメントについて

トリートメントについて

トリートメント

日頃からよく使うトリートメントですが、詳しい効果や正しい使い方をご存知ですか?

カラーについて

カラーについて

カラーについて

ちょっとしたケアによって色持ちを長くしたり、パサつきを抑えることができます。

パーマについて

パーマについて

パーマについて

適切なケアをする事でダメージを軽減させ、パーマ自体も長持ちさせる事ができます。

ヘアオイルについて

ヘアオイルについて

ヘアオイルについて

ヘアオイルの正しい使い方を知り、美しい髪を育みましょう。

ヘアブラシについて

ヘアブラシについて

ヘアブラシについて

美髪を作るためにヘアブラシによるブラッシングは欠かせません。

アンチエイジング

アンチエイジング

アンチエイジング

髪の老化対策などもご紹介しているので、是非ご覧ください。

メンズケア

メンズケア

メンズケア

毎日簡単に取り組める男性のためのヘアケア方法をご紹介。

ヘアスタイリング

ヘアスタイリング

ヘアスタイリング

スタイリング方法やスタイリングを綺麗に魅せるためのヘアケア方法をご紹介。

今注目されているヘッドスパクーポン

今注目されているヘッドスパクーポン

薄毛や抜け毛の予防におすすめのノンシリコンシャンプー

おすすめノンシリコンシャンプー

ヘアケア記事一覧

ヘッドスパ診断

  • 炭酸泉ヘッドソーダスパって?
  • ノンシリコンシャンプー特集
  • おうちで試してみませんか?
  • ヘアケア用語集
  • ヘッドスパ体験記

人気ページランキング

人気ページランキング

2020年06月05日更新

おすすめクチコミ

おすすめクチコミ

ワヤンプリ 銀座店

中央区 / 銀座

ワヤンプリ 銀座店

店内がリゾート地みたいで、普段と違う空気が楽しめます!観葉植物と心地よいアロマの香りでとても安らぐ…続きを読む

Simple idea Relax 銀座店

中央区 / 銀座

Simple idea Relax 銀座店

ヘッドスパ初体験でしたが、とーってもよかったです! 店内はとても清潔感があって、スタッフの方も皆さん笑…続きを読む

Syma(シーマ)銀座店

銀座一丁目 / 有楽町

Syma(シーマ)銀座店

デスクワークでガチガチになった肩もほぐしてもらいたかったので、肩のマッサージが付いている「頭皮重視脳ほ…続きを読む

頭美人へのご意見・ご要望や
掲載してほしい店舗など
なんでもお聞かせください♪

メールアドレス(任意)

ご意見・ご要望など

ご返信が必要な方は必ず
メールアドレスをご入力ください。