ヘッドスパサロンを探す

こだわりの条件

ヘッドスパ講座

ヘッドスパとは 効果・効能
人気の秘密 自宅でヘッドスパ
お店の選び方 施術の流れ
お悩みQ&A

ヘアケア講座

日常のトラブル 美髪の秘訣
髪の基礎知識 髪の講座
頭皮ケアの講座  

ヘアレシピ

ヘアスタイル×ヘアアレンジ

トップス ボトムス
アウター アクセサリー
オフィス コスプレ
トレンド メイク
ブライダル 学校
女子会 スポーツ
デート  

イベント×ヘアアレンジ

1月 2月
3月 4月
5月 6月
7月 8月
9月 10月
11月 12月

その他のコンテンツ

特集記事 ヘッドスパ診断
前髪美人 ギフトクーポン
ノンシリコンシャンプー特集 ヘアケア用語集
ご利用ガイド クーポンのご利用について
よくあるお問い合わせ 炭酸ヘッドスパ
 

一度染めたらもう元の髪色は取り戻せない?

Once you dye your own hair never you get back your own natural hair color

一度染めたらもう地毛の色は取り戻せない?

髪を染める前に知っておきたいことについてご紹介します

髪を染めるということは、もともとの地毛のメラニン色素をブリーチしてそこにカラー剤を入れる事なのです。

したがってカラー剤が色あせてきても、ブリーチしている髪の毛から色が落ちるので元の色味には戻りません

では、元の色に戻したい場合はどうすれば良いのでしょうか?



一度染めてしまったら、髪色は戻らないの?

髪の色を今すぐに元に戻したいなら、元の色に近づけて染め直すしか方法はないです。

ただし、元の色をしっかり覚えていないとわかりませんし、美容師さんのテクニック次第でもありますから希望通りにはいかない可能性もあります。

一度でも染めてしまうと脱色によってメラニン色素が抜かれるので明るい色になってしまうのです。

次に染める場合は地毛よりも色が入りやすくなります。

再び染めないようにして髪を伸ばせば、伸びた部分からの髪の毛は元の色です。

染めずに髪を伸ばして、染めていた部分の毛を上手にカットしていけばいずれは自分本来の髪になります。

気長に待たないと駄目なので、なかなか辛抱強くないと出来ないかもしれません。

元の髪色を取り戻す方法

黒髪に戻したい場合は、黒く染めるのではなく、暗めのトーンに染めると自然でおしゃれな黒髪に染まります。

正確には黒髪でなく黒髪のように見える色に染めるというイメージです。

黒染めをすると髪は黒くなりますが、自然な色ではなくなります。しかも黒染めした後に再び明るい色にしようしても明るくなりません。

真っ黒で不自然な髪になってしまうのが嫌な人や、元の地毛が明るめの人は黒く染めるのではなく、カラーのトーンを抑えて地毛に近い色に染め直す方法が一番近い色合いになります。

よく「髪色を戻す」という目的でカラー剤が売られていますが、本来の髪色に戻るのではなく髪を黒く染めているだけなのです。

黒染めしても地毛の色に戻るわけではない

黒染めによって黒くなった髪はしばらくの間、その黒い色味で過ごす事になります。明るい色が入っていかないので時間がたつのを待つしかありません。

黒染めをして、再び明るくする場合にはブリーチしてまずはその黒染めの色素を抜きます。その後カラーを入れていきます。

ただ黒染めの後、好みの色にするのは大変です。

このように一度ブリーチしてからカラー剤で染めるので、ダブルカラーといって髪に負担が非常に大きい方法です。

黒染めの仕組みについて

natural beauty
「黒染め」は黒色のヘアカラー剤だと思っている方もいますが、実はブリーチの為の薬液は入っておらず、メラニン色素を脱色して→色味を入れるというヘアカラー剤の仕組みとは異なるのです。

私達の本来の髪色は髪の中にあるメラニン色素により黒く見えているのですが、黒染めはそのメラニン色素に作用するのではなく、黒くするための「人工的な色素」を髪に入れているので仕上がりは少々不自然になってしまいます。

もとの黒髪に近づける事はできても同じ色味にすることは難しいんです。

黒染めの特徴

黒染めの最大の特徴は「他のカラーが入りにくくなる」という事です。

黒染めは人工的な色素を使用しているので、ブリーチ剤やヘアカラー剤を使用しても明るい髪色にすることが難しくなります。

通常のブリーチ剤やヘアカラー剤には髪のメラニン色素を脱色する作用がありますが、黒染めの人工的な色素まで脱色することができません。

そのため、黒染めした後にカラーを入れようとするとまだらになったり、黒色と重なり暗めのカラーになったりします。

もちろん、美容院に行けば黒染めしていてもカラーリングしてもらうことは可能ですが通常よりもカラーが入りにくい為、時間がかかったり、費用が高くなる場合があります。

黒染めで髪質が悪くなる

黒染めには髪へのダメージが大きい「ブリーチ」の薬液を使用していないため、一見ヘアカラー剤やブリーチ剤よりも髪が傷まないように見えますが、実は「髪質が悪くなる」というデメリットがあります。

ツヤやハリが失われ、ゴワゴワとした髪になりやすいので要注意。

黒染めした後はトリートメントやコンディショナーなどでしっかりとヘアケアしましょう。

黒染めは簡単にできますが、黒染めした髪色を変えることは簡単ではありません。これから先、また染める予定がある方はなるべく黒染めしない事をオススメします。

どうしても黒染めした後にカラーリングしたいという方はセルフで行うよりも費用はかかってしまいますが、美容院で施術してもらう方が確実です。場合によっては出せない色味もあるので事前によく相談するようにしましょう。

一度黒染めしてしまうと他のカラーが入りにくくなってしまうので、気をつけましょう。

市販の髪染めはどうして髪によくないのか

市販の髪染めはどうして髪によくないのか
では何故セルフでやるよりも美容院でやってもらった方がいいのでしょうか。

それは、ヘアサロンのヘアカラー剤は市販のものとは違うからです。

頻繁に髪を染める人ならば、どちらも経験がある方が多いのではないでしょうか。

市販のヘアカラー剤は、ヘアサロンで使われているものと比べて刺激が強い成分が入っている場合が多くなっています。

ヘアサロンと市販のヘアカラー剤の違いは?

市販のヘアカラー剤は、家で使うということからホームカラーという呼び方もします。

ホームカラーは市販されていることから一般人、つまり素人が使うことが前提です。そのため染色がムラにならないように、素人がやっても失敗しないようにという点を重視して開発されています。

塗りやすい、混ぜやすいがホームカラーの最も大きな特徴です。

それに対してヘアサロンで使われるサロンカラーは、当然プロの美容師が使うことを前提に開発されています。
そのため、サロンカラーは美容師が自分の作りたい色を再現でき、微調整がしやすいように基礎設計されています。

このようにホームカラーとサロンカラーはコンセプトが異なる仕様となっています。



市販のホームカラーにはどんな成分が含有されているのか?

ヘアカラー剤は主に【1剤】と【2剤】で構成されています。1剤は色を決定付ける成分であり、2剤はその色を髪に浸透させるための成分です。

市販のホームカラーは2剤に非常に強い成分が使われている場合が多くみられ、日本の基準値でも最高レベルの製品は珍しくありません。

サロンカラーとホームカラーの最大の違いは2剤の成分の違い

サロンカラーは2剤の成分を髪のダメージ具合に合わせて調整します。

美容師がダメージの多い髪と判断した場合は、2剤を優しい成分に変えるという配慮がサロンカラーでは可能です。

サロンでのヘアカラーなら髪を傷めすぎないような2剤だと顧客の求めているような髪色に染まらない場合、その点を提案することも出来ます。
髪のダメージを考えるならヘアサロンでのカラーリングがベストです

以上のことから、ホームカラーは素人でも簡単に髪を染めることが出来て便利ですが、髪を傷めてしまう可能性が高くなります。

このため、髪を染めたいけど髪のダメージは最小限で抑えたいという場合や、頻繁にヘアカラーを行う場合はヘアサロンでのヘアカラーがオススメです。

ダメージを抑えてきれいに黒染めを落とす方法

ダメージを抑えてきれいに黒染めを落とす方法
サロンでやるにはお金の負担も大きいので、どうしてもセルフでやりたい場合はどうすればよいのでしょうか?
美容院でも「黒染めした髪をキレイに明るくカラーリングして欲しい」と注文するとあまり良い返事は聞けません。それだけ黒染めの髪を新たにカラーリングする事は難しいのです。

黒染めを落とす事は可能なのか?

結論から言いますと黒染めを落とす事は「可能」です。

ですが、完全に落とす事が難しかったり、髪のダメージが大きくなる事があるので、黒染め前のようなカラーリングができない場合があります。
その事をしっかりと確認してから黒染めするようにしましょう。

黒染めを落とす仕組み

一度カラー剤で黒染めしてしまった髪に普通のカラーリングをしてもキレイに染まることはありません。

一旦、黒染め落としやブリーチを使って「脱色」してからカラーリングする必要があるのです。

黒染めした髪は本来の黒い髪では無いので、染料を脱色でしっかりと落とす必要があります。

普通のカラーリングよりも時間がかかってしまいますし、ブリーチで髪にも悪影響を与えてしまうのでプロの方でも明るくカラーリングする事は難しいです。

黒染めをキレイに落とす方法

自宅で黒染めをキレイに落とす方法は「丁寧にブリーチ(黒染め落とし)する」事です。

早く新しいカラーリングをしたいのは分かりますが、髪の状態を見て数回に分けて徐々に黒染めの染料を落とす事が鉄則となります。
ブリーチした後はしっかりとトリートメントでケアケアし、これ以上ダメージが大きくならないよう注意しましょう。

できれば美容師さんに頼むのが一番なのですが、お金もかかりますし、場合によっては美容院でも数回に分けて黒染め落としをしなくてはならない事もあります。

どうしても自分でという方は丁寧なブリーチと徹底したヘアケアを心がけてチャレンジしてみてください。

黒染めが落ちたと判断しても、市販のヘアカラー剤では前よりも上手く染まらないケースが多いので、細心の注意を図って行いましょう。

ヘアカラーは色を落とすにしろ、黒染めするにしろ、元通りに戻すことは中々難しいのが現実です。
ですので、ヘアカラーは染める前にしっかりイメージしてからするようにしましょう。

記事が気に入ったら「いいね!」お願いします。

頭美人では、髪や頭についての気になる記事をご紹介!

https://www.atama-bijin.jp/hair_care/wp-content/uploads/2019/03/96c57207a015ee0b5e932d1bedb463b1-wpcf_300x300.jpg

監修者:頭美人運営事務局

頭美人

頭美人は、「健康は頭から」をコンセプトに運営しているヘアケアメディアです。髪や頭の専門家が集まっており、多数のヘアケア関連のサロンも掲載しています。髪や頭の事で悩んでいたら、きっと頭美人が解決してくれるはずですよ!

ネット予約可能な厳選サロン特集!

日常のトラブル

日常のトラブル

仕事のストレス

仕事のストレス

仕事のストレス

仕事でストレスが溜まって、心身ともに調子が良くない。そんな時は、髪の毛にも影響が…

食生活について

食生活について

食生活について

偏った食生活は、肌や身体の調子が崩すだけでなく、髪にも悪影響を及ぼします。

睡眠について

睡眠について

睡眠について

睡眠不足になると体中の血管が収縮され、頭皮に栄養が行き渡らなくなってしまいます。

喫煙について

喫煙について

喫煙について

喫煙は薄毛や抜け毛など、髪や頭皮にも深刻な影響を与えます。

ワックスやスプレー

ワックスやスプレー

ワックスやスプレー

実は髪に良くない成分が配合されているというのはご存知でしたか?

カラーリングやパーマ

カラーリングやパーマ

カラーリングやパーマ

おしゃれのためにカラーリングやパーマを楽しむなら、適切なケアを忘れずに。

ドライヤーについて

ドライヤーについて

ドライヤーについて

間違った使い方は、髪にダメージを与えてしまいます。

ヘアアイロンについて

ヘアアイロンについて

ヘアアイロンについて

枝毛や切れ毛に悩んでいる方、今の髪の状態がどうなっているかご存知でしょうか?

エクステ/ウィッグ

エクステ/ウィッグ

エクステ/ウィッグ

エクステを付けている時のヘアケア方法をご紹介いたします。

季節

季節

季節

季節が変わると同時に髪の悩みにも変化が起きます。それぞれの季節に多い悩みと適切な…

今注目されているヘッドスパクーポン

今注目されているヘッドスパクーポン

薄毛や抜け毛の予防におすすめのノンシリコンシャンプー

おすすめノンシリコンシャンプー

ヘアケア記事一覧

ヘッドスパ診断

  • 炭酸泉ヘッドソーダスパって?
  • ノンシリコンシャンプー特集
  • おうちで試してみませんか?
  • ヘアケア用語集
  • ヘッドスパ体験記

人気ページランキング

人気ページランキング

2020年12月03日更新

おすすめクチコミ

おすすめクチコミ

ワヤンプリ 銀座店

中央区 / 銀座

ワヤンプリ 銀座店

店内がリゾート地みたいで、普段と違う空気が楽しめます!観葉植物と心地よいアロマの香りでとても安らぐ…続きを読む

Simple idea Relax 銀座店

中央区 / 銀座

Simple idea Relax 銀座店

ヘッドスパ初体験でしたが、とーってもよかったです! 店内はとても清潔感があって、スタッフの方も皆さん笑…続きを読む

Syma(シーマ)銀座店

銀座一丁目 / 有楽町

Syma(シーマ)銀座店

デスクワークでガチガチになった肩もほぐしてもらいたかったので、肩のマッサージが付いている「頭皮重視脳ほ…続きを読む

頭美人へのご意見・ご要望や
掲載してほしい店舗など
なんでもお聞かせください♪

メールアドレス(任意)

ご意見・ご要望など

ご返信が必要な方は必ず
メールアドレスをご入力ください。