ヘッドスパサロンを探す

こだわりの条件

ヘッドスパ講座

ヘッドスパとは 効果・効能
人気の秘密 自宅でヘッドスパ
お店の選び方 施術の流れ
お悩みQ&A

ヘアケア講座

日常のトラブル 美髪の秘訣
髪の基礎知識 髪の講座
頭皮ケアの講座  

ヘアレシピ

ヘアスタイル×ヘアアレンジ

トップス ボトムス
アウター アクセサリー
オフィス コスプレ
トレンド メイク
ブライダル 学校
女子会 スポーツ
デート  

イベント×ヘアアレンジ

1月 2月
3月 4月
5月 6月
7月 8月
9月 10月
11月 12月

その他のコンテンツ

特集記事 ヘッドスパ診断
前髪美人 ギフトクーポン
ノンシリコンシャンプー特集 ヘアケア用語集
ご利用ガイド クーポンのご利用について
よくあるお問い合わせ 炭酸ヘッドスパ
 

頭皮と髪の乾燥に要注意!過乾燥の原因とケア方法

causes and care methods of the hyperdrying

頭皮と髪の乾燥に要注意!過乾燥の原因とケア方法

厳しい乾燥は顔のみならず、頭皮にも深刻な影響を及ぼします。

特に乾燥を意識しにくい頭皮は、お手入れが遅れ、カラカラに干上がってしまう危険性があるのです。

頭皮は過乾燥の危険要因がたくさん!

皮膚の角質層が薄いと言われる私たち日本人は、肌の乾燥にとても敏感。

顔から一枚の皮膚でつながっている頭皮も然りです。

むしろ、顔のように普段から保湿をきちんと行っていない頭皮は、想像以上にうるおいが干上がり、カラカラに乾いていることもあるのです。

顔と同じように、頭皮も角質層の水分保持力と皮脂膜によってバリア機能を働かせ、うるおいを守っています。

しかし、エアコンの乾いた空気で室内は湿度低下…。

乾燥の脅威にさらされ続けると、水分保持力がガクンと落ち、頭皮から水分が蒸発していくのです。

年齢的な皮脂量の低下に加え、季節がら皮脂の分泌量まで減少するため、皮脂膜もガタガタに。

ダブルパンチでバリア機能が崩れると、乾燥が急速に進行します。

特に、ついつい高温のお湯での洗髪で皮脂を取り過ぎてしまったり、髪が乾きにくいためドライヤーを長時間使用したりしがちな方には、頭皮の過剰乾燥に要注意です。

乾燥を放置していると頭皮トラブルが続出

頭皮の乾燥は肌のように視覚や触感で確認しにくいのですが、そもそも「頭皮が乾燥する」という意識自体が希薄。

このため乾燥を放置し、ダメージが深刻化しているケースも多いのです。

乾燥した頭皮はバリア機能が低下しているため、さまざまなトラブルを呼び込みます。

新陳代謝が乱れ、角質細胞がフケとなってポロポロ剥がれ落ちたり、カサカサの頭皮がひび割れを起こすことで炎症やかゆみを引き起こしたり…。

さらに、うるおい不足で頭皮の弾力が失われ、硬くなると、頭皮老化が進行。

血行不良や栄養不足から毛母細胞にもダメージを及ぼします。

こうした劣悪な頭皮環境に陥ると、抜け毛や薄毛の進行もスピードアップ。

乾燥はあらゆる頭皮トラブルの引き金と言っても過言ではありません。

今すぐ、うるおい保湿ケアを強化して、カラカラ頭皮をしっかり立て直しましょう。

乾燥トラブルで後悔する前に!頭皮のうるおい保湿ケア

秋はとにかく髪の乾燥対策を!

保湿効果の高い育毛剤でうるおいをたっぷり補充

乾燥対策にはまず保湿。乾く頭皮を整えましょう。

塗布した後にマッサージをするとより効果的です。

食事で頭皮の乾燥予防!

角質層の働きを正常化し、保湿力を高めてくれるビタミンA。

動物性と植物性のものをバランス良く摂取して、頭皮にうるおいを蓄えましょう。

ドライヤー時間の短縮でうるおいをがっちりキープ

洗髪後、髪を濡れたまま放置するのは、雑菌の繁殖や炎症の原因にもなるのでNG。

一方で、ドライヤーの熱風は、長時間当てると過乾燥から頭皮を傷める要因に。

手早く乾かし、うるおいを持続させるドライ方法をマスターしましょう。

おススメの手順は以下の通り。

①吸水性の高いタオルで水分を十分に含み取る。
②適度な距離を保ち、熱風によるダメージを軽減。
③3秒を目安に場所と角度を移動させていく。

室内を加湿して、湿度を40~60%にコントロール

一般的に湿度が40%以下になると、肌の乾燥が進むと言われています。

寒い時期にエアコンが効いた室内は、加湿器を使い、湿度を40~60%に調整しましょう。

コップ1杯の水をテーブルに置いておくだけでも湿度調整に役立ちますよ。

髪のために外出前やっておいた方が良いこと

乾燥を防ぐためには、室内に加湿器を置くのが一番の解決方法ですが、外出先ではそうはいきませんね。

ですから、お出かけ前にちょっとひと手間かけ、髪を乾燥から守ることが必要です。

もっとも手軽で効果的な方法の一つは、保湿成分のあるオイルやヘアクリームを外出前に髪になじませておくことです。

これにより、キューティクルの外側にもう一つのバリアができ、水分が毛髪内部から逃げるのを防いでくれます。

また、適量のアウトバストリートメント(洗い流さないトリートメント)をもみ込んでおくのもいい方法です。

いずれも、ドライヤーやブラッシングの前に施すと、髪の摩擦を防いでくれますし、外出時の静電気によるまとわりつきも防止できます。

また、日常的なお手入れとしては、天然由来の界面活性剤でできたシャンプーを使用することをお勧めします。

頭皮の皮脂は本来必要なもの。アブラの落としすぎは乾燥やふけの原因にもなりますよ。

髪にも乾燥は大敵!

髪には一定の水分がないと、パサパサしたり引っかかったりなど綺麗に見えない状態になってしまいます。

乾燥している状態とは水分と栄養がたりず、ゴワゴワしたりして、枝毛や切れ毛が多く出てきてしまう状態です。

こうなると、カラーの発色やパーマのかかりにも影響がでてきてしまうので注意が必要です。

髪が乾燥する原因とは?

干上がるうるおい、乾ききった地肌・・・頭皮乾燥は待ったなし!
髪にはキューティクルという膜があります。

キューティクルは、髪の水分と栄養を外に逃さないようにする役割をになっています。

キューティクルが剥がれ落ちたりすると、水分と栄養が失われ髪は乾燥し始めます。

そのため、キューティクルをしっかり保護することがとても大切なのです!

カラーやパーマなどを抜きにした場合、日頃の生活で気をつけてほしいのが「摩擦」「熱」「紫外線」によるダメージです。

「摩擦」によるダメージ

摩擦は様々なところでおきるのですが、一番気をつけてほしいのがお風呂上がりの濡れた状態の髪です。

髪を拭く際、髪の毛同士をゴシゴシこすり合わせて強く拭かないようにしてください。

髪は濡れた状態だとキューティクルが開いているので一番ダメージを受けやすいです。

優しく頭皮を拭くようにし、その後髪をタオルで挟んでポンポンと水気をとるようにしましょう。
間違ってもぬれたまま寝ないようにしてください!

濡れたまま寝ると枕との摩擦で、髪はとてつもないダメージをうけるだけでなく、頭皮にも雑菌がわくので大変かもしれませんが乾かしてから寝るようにしましょう。

「熱」によるダメージ

熱によるダメージで一番多いのがドライヤーの当てすぎによるオーバードライと、アイロンの温度が高すぎることでおきるタンパク変性です。

ドライヤーはまず根元に風を当て、髪を持ち上げるように乾かし全体が8割程乾いてきたら、手ぐしを通しながら斜め上から毛先に向かって風をあてましょう。

キューティクルは上から下に向かってウロコ状についているので、最後上から風をあてるだけでキューティクルの面が整いつやがでます。

アイロンの温度は180度以下が理想です。それ以上高いと髪は乾燥してしまいます。時間もあまり長くあてないようこころがけましょう。

「紫外線」によるダメージ

紫外線にあたりすぎることも乾燥の大きな要因になります。

特に、夏は紫外線に要注意。

帽子をかぶる、紫外線防止のトリートメントをつけるなどをこころがけてください。

またマフラーなどによる静電気も乾燥の原因になるので、オイルなどをつけ保護するといいいでしょう。

以上のことに注意して、乾燥によるダメージから髪を守りましょう!

記事が気に入ったら「いいね!」お願いします。

頭美人では、髪や頭についての気になる記事をご紹介!

https://www.atama-bijin.jp/hair_care/wp-content/uploads/2019/03/96c57207a015ee0b5e932d1bedb463b1-wpcf_300x300.jpg

監修者:頭美人運営事務局

頭美人

頭美人は、「健康は頭から」をコンセプトに運営しているヘアケアメディアです。髪や頭の専門家が集まっており、多数のヘアケア関連のサロンも掲載しています。髪や頭の事で悩んでいたら、きっと頭美人が解決してくれるはずですよ!

ネット予約可能な厳選サロン特集!

日常のトラブル

日常のトラブル

仕事のストレス

仕事のストレス

仕事のストレス

仕事でストレスが溜まって、心身ともに調子が良くない。そんな時は、髪の毛にも影響が…

食生活について

食生活について

食生活について

偏った食生活は、肌や身体の調子が崩すだけでなく、髪にも悪影響を及ぼします。

睡眠について

睡眠について

睡眠について

睡眠不足になると体中の血管が収縮され、頭皮に栄養が行き渡らなくなってしまいます。

喫煙について

喫煙について

喫煙について

喫煙は薄毛や抜け毛など、髪や頭皮にも深刻な影響を与えます。

ワックスやスプレー

ワックスやスプレー

ワックスやスプレー

実は髪に良くない成分が配合されているというのはご存知でしたか?

カラーリングやパーマ

カラーリングやパーマ

カラーリングやパーマ

おしゃれのためにカラーリングやパーマを楽しむなら、適切なケアを忘れずに。

ドライヤーについて

ドライヤーについて

ドライヤーについて

間違った使い方は、髪にダメージを与えてしまいます。

ヘアアイロンについて

ヘアアイロンについて

ヘアアイロンについて

枝毛や切れ毛に悩んでいる方、今の髪の状態がどうなっているかご存知でしょうか?

エクステ/ウィッグ

エクステ/ウィッグ

エクステ/ウィッグ

エクステを付けている時のヘアケア方法をご紹介いたします。

季節

季節

季節

季節が変わると同時に髪の悩みにも変化が起きます。それぞれの季節に多い悩みと適切な…

今注目されているヘッドスパクーポン

今注目されているヘッドスパクーポン

薄毛や抜け毛の予防におすすめのノンシリコンシャンプー

おすすめノンシリコンシャンプー

ヘアケア記事一覧

ヘッドスパ診断

  • 炭酸泉ヘッドソーダスパって?
  • ノンシリコンシャンプー特集
  • おうちで試してみませんか?
  • ヘアケア用語集
  • ヘッドスパ体験記

人気ページランキング

人気ページランキング

2020年12月01日更新

おすすめクチコミ

おすすめクチコミ

ワヤンプリ 銀座店

中央区 / 銀座

ワヤンプリ 銀座店

店内がリゾート地みたいで、普段と違う空気が楽しめます!観葉植物と心地よいアロマの香りでとても安らぐ…続きを読む

Simple idea Relax 銀座店

中央区 / 銀座

Simple idea Relax 銀座店

ヘッドスパ初体験でしたが、とーってもよかったです! 店内はとても清潔感があって、スタッフの方も皆さん笑…続きを読む

Syma(シーマ)銀座店

銀座一丁目 / 有楽町

Syma(シーマ)銀座店

デスクワークでガチガチになった肩もほぐしてもらいたかったので、肩のマッサージが付いている「頭皮重視脳ほ…続きを読む

頭美人へのご意見・ご要望や
掲載してほしい店舗など
なんでもお聞かせください♪

メールアドレス(任意)

ご意見・ご要望など

ご返信が必要な方は必ず
メールアドレスをご入力ください。