ヘッドスパサロンを探す

こだわりの条件

ヘッドスパ講座

ヘッドスパとは 効果・効能
人気の秘密 自宅でヘッドスパ
お店の選び方 施術の流れ
お悩みQ&A

ヘアケア講座

日常のトラブル 美髪の秘訣
髪の基礎知識 髪の講座
頭皮ケアの講座  

ヘアレシピ

ヘアスタイル×ヘアアレンジ

トップス ボトムス
アウター アクセサリー
オフィス コスプレ
トレンド メイク
ブライダル 学校
女子会 スポーツ
デート  

イベント×ヘアアレンジ

1月 2月
3月 4月
5月 6月
7月 8月
9月 10月
11月 12月

その他のコンテンツ

特集記事 ヘッドスパ診断
前髪美人 ギフトクーポン
ノンシリコンシャンプー特集 ヘアケア用語集
ご利用ガイド クーポンのご利用について
よくあるお問い合わせ 炭酸ヘッドスパ
 

正しいブラッシングの方法やタイミング

Correct brushing method and timing

High quality image. Woman with smooth hair

ブラッシングで髪を甦らせましょう

きらきらのキューティクルが輝く髪のために、普段からどんなことに気をつけたらいいのでしょう。

髪の毛が与える印象

初めて出会った人の第一印象を考えた時に、髪の毛の質感やボリューム、つやから受ける印象には「清潔感」「若々しさ」に紐付き、瞬時に判断をしているのでは無いでしょうか?

ぺたりとしてボリュームを失った髪の毛は老けた印象を与えますし、パーマやカラーリングでパサパサに傷んでしまった髪の毛からは、不規則な生活習慣や不健康なイメージを想像してしまいます。

いつまでも若々しい印象を与えるためにも、常に髪の毛は健康的でありたいもの。

そこで、ヘアケアの基本はブラッシングから!

ブラッシングケアを変えることで、髪の毛のつやはもちろん、まとまりも生み出せます。

今回は、これまで意識することの少ない、気づいていなかったブラッシングの方法やコツを覚えましょう。

ブラッシングの効果

一般的にブラッシングは、頭皮への刺激髪の毛の絡まりを防ぐ役割があります。

シャンプー前のブラッシングは、地肌にたまった皮脂やシャンプー汚れなどを頭皮から浮き上がらせて、汚れを落ちやすくすることで有名です。

関連記事

ブラッシングによる驚きのケア効果

ブラッシングの最適なタイミング

髪を若々しく保つために、最適なブラッシングタイミングご存じですか?

それは、なんと「寝る前のブラッシング」です!

たいていの方は、夜の入浴時にシャンプーをすると思います。

シャンプーした後に乾かさずに寝るのはもってのほか!
キューティクルを傷つける原因にもなります。

また、タオルやドライヤーで乾かしたばかりの髪の毛は、髪の毛が絡まっている状態にあり、こちらもそのままにしておくと、寝ている間、枕に髪の毛がこすれてキューティクルを傷つけるばかりか、寝癖の原因にもなるのです。

そのため、髪の毛の絡まりを一度ほどく意味もあり、夜寝る前のブラッシングをおすすめします。

加えて、寝る前のブラッシングでは適度な刺激が頭皮に伝わっていくことで、副交感神経に働きかけて安眠を促進するとも考えられています。

シャンプー前のブラッシングもおすすめ

シャンプー前にブラッシングを行うことは、「髪の絡みをほぐす効果」「髪についたホコリや汚れを落とす」「頭皮へのマッサージ効果」といったメリットがあります。

このようにたくさんのメリットが得られるシャンプー前のブラッシングですが、逆にやらなかった場合には、「髪の摩擦が増加し髪を傷つけやすくなる」「髪や頭皮の汚れが洗い残りやすくなる」といったデメリットが生じます。

ですので、髪の健康状態や衛生状態のことを考えると、シャンプー前にもブラッシングをする必要性があるのです。

おすすめのブラシ

ブラッシングしてから髪を洗ったほうがいい?
夜間のブラッシングケアにおすすめしたいブラシは天然素材のブラシです。

自分(髪・頭皮)に合ったブラシ選びが重要です。

やわらかめで優しいのが豚毛、しっかりとした強めの刺激がお好みの場合は猪毛ブラシをおすすめします。

髪のもつれをほどくように、ゆっくりじっくりと地肌までブラシが通るように動かしていきましょう。

関連記事

ヘアブラシの種類や正しい使い方

ブラッシングをおこなう際の注意点

まずブラッシングをおこなう際は、必ず髪が乾いた状態で施してください。

髪が濡れているとキューティクルが開いた状態になってしまい、髪を傷つけてしまいます。

また、スタイリング剤で髪を固めている場合も、髪を傷つけてしまいますのでブラッシングをしないでください。

正しいブラッシングのやり方について

まず最初に、髪のもつれをほぐします。

特に毛先がもつれやすいので、ほどいてください。

ブラッシングはいきなり根元部分からブローするのではなく、始めは中心部分からブローしていき徐々に根元部分へとブローしていきます。

頭皮には軽く触れる程度で、心地よい刺激が感じられる強さで施すとマッサージ効果が得られます。

ブラッシングが完了したらシャンプーを付ける前に、ブラッシングで浮き上がった汚れをお湯で洗い流してください。

そのあとは通常通りシャンプーをおこないます。

ブラシはブラッシング専用のブラシを使用すると、より安全性が高まります。

ロールブラシや細いクシなどは、髪や頭皮を傷めやすくブラッシングには適していません。

いままで、シャンプー前にブラッシングをしていなかったという方は、髪の健康のためにも是非ブラッシングを行ってみてください!

関連記事

髪を綺麗に保つ正しいブラッシングの仕方

ブラッシング まとめ

髪の毛を若々しく保つためのブラッシングは、ヘアケアの基本!

ぜひ、ブラッシングケアを今日から始めてみてください。

記事が気に入ったら「いいね!」お願いします。

頭美人では、髪や頭についての気になる記事をご紹介!

https://www.atama-bijin.jp/hair_care/wp-content/uploads/2019/03/96c57207a015ee0b5e932d1bedb463b1-wpcf_300x300.jpg

監修者:頭美人運営事務局

頭美人

頭美人は、「健康は頭から」をコンセプトに運営しているヘアケアメディアです。髪や頭の専門家が集まっており、多数のヘアケア関連のサロンも掲載しています。髪や頭の事で悩んでいたら、きっと頭美人が解決してくれるはずですよ!

ネット予約可能な厳選サロン特集!

美髪の秘訣

美髪の秘訣

シャンプーについて

シャンプーについて

シャンプーについて

実は、毎日のシャンプーが美髪を作り出すのに最も大切だということをご存知でしょうか?

コンディショナー/リンスについて

コンディショナー/リンスについて

コンディショナー/リンスについて

コンディショナーやリンスの説明と、正しい使い方や手順などをご紹介します。

トリートメントについて

トリートメントについて

トリートメント

日頃からよく使うトリートメントですが、詳しい効果や正しい使い方をご存知ですか?

カラーについて

カラーについて

カラーについて

ちょっとしたケアによって色持ちを長くしたり、パサつきを抑えることができます。

パーマについて

パーマについて

パーマについて

適切なケアをする事でダメージを軽減させ、パーマ自体も長持ちさせる事ができます。

ヘアオイルについて

ヘアオイルについて

ヘアオイルについて

ヘアオイルの正しい使い方を知り、美しい髪を育みましょう。

ヘアブラシについて

ヘアブラシについて

ヘアブラシについて

美髪を作るためにヘアブラシによるブラッシングは欠かせません。

アンチエイジング

アンチエイジング

アンチエイジング

髪の老化対策などもご紹介しているので、是非ご覧ください。

メンズケア

メンズケア

メンズケア

毎日簡単に取り組める男性のためのヘアケア方法をご紹介。

ヘアスタイリング

ヘアスタイリング

ヘアスタイリング

スタイリング方法やスタイリングを綺麗に魅せるためのヘアケア方法をご紹介。

今注目されているヘッドスパクーポン

今注目されているヘッドスパクーポン

薄毛や抜け毛の予防におすすめのノンシリコンシャンプー

おすすめノンシリコンシャンプー

ヘアケア記事一覧

ヘッドスパ診断

  • 炭酸泉ヘッドソーダスパって?
  • ノンシリコンシャンプー特集
  • おうちで試してみませんか?
  • ヘアケア用語集
  • ヘッドスパ体験記

人気ページランキング

人気ページランキング

2019年10月22日更新

おすすめクチコミ

おすすめクチコミ

ワヤンプリ 銀座店

中央区 / 銀座

ワヤンプリ 銀座店

店内がリゾート地みたいで、普段と違う空気が楽しめます!観葉植物と心地よいアロマの香りでとても安らぐ…続きを読む

Simple idea Relax 銀座店

中央区 / 銀座

Simple idea Relax 銀座店

ヘッドスパ初体験でしたが、とーってもよかったです! 店内はとても清潔感があって、スタッフの方も皆さん笑…続きを読む

Syma(シーマ)銀座店

銀座一丁目 / 有楽町

Syma(シーマ)銀座店

デスクワークでガチガチになった肩もほぐしてもらいたかったので、肩のマッサージが付いている「頭皮重視脳ほ…続きを読む

頭美人へのご意見・ご要望や
掲載してほしい店舗など
なんでもお聞かせください♪

メールアドレス(任意)

ご意見・ご要望など

ご返信が必要な方は必ず
メールアドレスをご入力ください。