ヘッドスパサロンを探す

こだわりの条件

ヘッドスパ講座

ヘッドスパとは 効果・効能
人気の秘密 自宅でヘッドスパ
お店の選び方 施術の流れ
お悩みQ&A

ヘアケア講座

日常のトラブル 美髪の秘訣
髪の基礎知識 髪の講座
頭皮ケアの講座  

ヘアレシピ

ヘアスタイル×ヘアアレンジ

トップス ボトムス
アウター アクセサリー
オフィス コスプレ
トレンド メイク
ブライダル 学校
女子会 スポーツ
デート  

イベント×ヘアアレンジ

1月 2月
3月 4月
5月 6月
7月 8月
9月 10月
11月 12月

その他のコンテンツ

特集記事 ヘッドスパ診断
前髪美人 ギフトクーポン
ノンシリコンシャンプー特集 ヘアケア用語集
ご利用ガイド クーポンのご利用について
よくあるお問い合わせ 炭酸ヘッドスパ

本ページはプロモーションが含まれています

 

夏に起きやすい髪や頭皮のトラブルをケアするには?オススメの予防法も解説します。

How to care for hair and scalp problems that tend to occur in summer? We will also explain recommended preventive measures.

夏に起きやすい髪や頭皮のトラブルをケアするには?オススメの予防法も解説します。

日本は四季があり、どの季節も髪やお肌のお悩みを抱えている方が多くいます。

その中でも、関心が最も高くなるのは「夏」で、実際に夏は紫外線が強いため、1年で1番髪や頭皮が傷みやすくなる季節なのです。

そこで今回は、夏にすべきヘアケアについてご説明します!

まず初めに、夏の髪や頭皮トラブルについてご紹介させていただきます。



夏に起きやすい髪や頭皮のトラブル

地肌のベタつき・ニオイ

地肌のベタつきの原因は、紫外線により皮脂が酸化され過酸化脂質が発生してしまうことによるもので、これによりベタつきや匂いが出てきてしまい、更には毛穴を詰まらせて炎症・薄毛にもつながります。

そこでベタつきを抑えるのに最も効果的なのは、洗浄力が強すぎない、肌に優しいシャンプーを選ぶことです。

ベタつきはしぶとい脂汚れのような気がすると思いますが、洗浄力が強いシャンプーを使うと必要な皮脂まで奪い取ってしまい、夏でも炎症を起こして、乾燥性のフケが現れることがあるので注意が必要です。

シャンプーの後には頭皮用の保湿トリートメントをしたり、頭皮用の化粧水をドライヤーの前につけたりすることもオススメです。

髪のトップがペタンコになる

紫外線により、地肌の弾力を担う真皮のコラーゲン繊維が破壊され、地肌の弾力を失うことで髪が立ち上がりにくく、倒れながら生えやすくなってしまいます。

それに気付かずに、横に倒れながらの生えグセがついたまま放置してしまうと、毛根自体の形が変わってしまい、生えグセが治りにくくなってしまいます。

そこで髪が根元から立ち上がりやすくするために、肌に必要な成分の、グルコサミンなどの栄養や保湿成分が多く含まれているシャンプーを使うと、地肌の弾力が戻り、立ち上がりがふんわりしやすくなります。

汗も原因のひとつなので、1日にかいた汗を夜のうちに洗い流すのも重要なポイントです。

紫外線でお肌も髪もダメージに

紫外線により地肌に活性酸素が溜まることで、新しく生えてくる髪もみずみずしさが失われ、まとまらない髪になってしまいます。

紫外線を浴びてしまうと、頭皮も髪も熱く感じて、手触りもパサパサ、ゴワゴワするように感じると思います。

実際に日焼けすることで、頭皮も硬くなり、髪の色も内側よりも表面が明るくなりやすくなります。

そこで、活性酸素を除去できるシャンプーやヘッドスパがオススメで、ビタミンB6などの栄養が入ったトリートメントで保湿すると頭皮も髪質もやわらかくなります。

夏のケアには、肌に優しいシャンプーと、保湿成分のたっぷり入ったトリートメントと、サロンでのヘッドスパがオススメです。

みなさんも信頼できるサロンで是非、相談してみてください。

おすすめのアイテム ミクシムサプリ ビタミンリペア シャンプー トリートメント セット

Amazonでの購入はこちらから

ところで、いくらダメージが気になるといっても、夏にはやっぱり海やプールに行きたいですよね。

なるべくダメージを少なくするための方法、知りたくないですか?

そこで次に、海やプールに入る前にやったほうがいい対策についてご説明します!

海やプールでのオススメの対策

海やプールに入ったあと、髪がキシんでしまった…という経験はありませんか。

お風呂と同じように髪が濡れるという条件は一緒なのに、なぜ海やプールだとこれほどまでに髪がキシんでしまうのでしょうか。

原因は「含まれている成分」にあったのです。

海やプールで髪がキシむ(傷む)原因

海には塩分が、プールには塩素がそれぞれ含まれており、これらの成分が髪をキシませる原因になっているのです。

海水に浸かった髪をそのまま放置すると乾いて、小さな塩となり、髪全体にくっつきます。

髪に塩がついた状態なので手触りはザラザラ、海水の弱アルカリ性の影響で髪のキューティクルは剥がれやすくなり、せっかくのツヤ髪も台無しになってしまいます。

プールにも海水と同じ弱アルカリ性である「塩素」が含まれているので、浸かっている間に髪にドンドンダメージが蓄積していきます。

もの凄く薄めた漂白剤に長時間髪を浸けているようなイメージです。傷むのも想像がつきます。

また、この塩素は紫外線のダメージを大きくする作用もあるので、真夏の屋外プールなどは要注意なのです!

海やプールに入る前に「髪」にやっておくべきこと①髪用の日焼け止めを使う

お肌と同じく、髪も紫外線のダメージを受けます。体の日焼け止めは万全でも髪まで意識していないという方は多いのではないでしょうか。

髪用の日焼け止めはドラッグストアで手軽に購入できるので、一度試してみてください。スプレータイプやローションタイプなど様々な種類があるのもポイントです。

スプレータイプは使いやすいのでオススメです。

アウトバストリートメントも日焼け止めと似たような効果があります。

屋外の際は、泳ぐ以外の時間は「帽子」なども被るようにしましょう。

海やプールに入る前に「髪」にやっておくべきこと②髪をまとめて必要以上に濡らさない

女性は髪が長い事が多いので、海やプールに入る際はきちんとまとめておくようにしましょう。

髪をまとめるだけでも海水や塩素、紫外線のダメージを受けにくくなります(あたる面積が小さくなるので)。

また、濡れる時間が長いほど髪へのダメージは大きくなるので、必要以上に濡らさないのもポイントです。

海やプールに入った後はきちんとアフターケアするようにしましょう。

その日のうちにお風呂でしっかりとシャンプーする、トリートメントでいつもより丁寧にヘアケアするのは鉄則です。

事前のケアとアフターケアで海水・塩素から髪をしっかりと守りましょう!

ただ、いくら気を付けていたとしても、夏の強い日差しを完全に避けることは難しいですよね。

最後に、紫外線による影響と、日差しを浴びてしまったときのアフターケアについてご説明します。



紫外線ダメージを受けた後のオススメのケア方法

紫外線を受けた髪の状態とは

夏の強い紫外線は、美しいお肌の大敵ですし、髪にも大きなダメージを与えてしまいます。

お肌は、紫外線を浴びると何かしらの悲鳴を上げるのでケアすることを忘れずらいですし、うっかり浴びてしまうと赤くなることやヒリヒリ痛みが出ることがあるので気が付きやすく、ダメージを受けても早めに対処できます。

ところが髪は、自分では気が付かないうちに紫外線を浴びてしまっているので、大きなダメージを受けやすいのです。

すでに夏の間紫外線を浴びてしまった髪は、髪の表面だけでなく内部までダメージを与えていきます。

髪の内部のメラニン色素が分解されてしまうことで、焼けていくようなイメージで黒髪は赤茶色に変色し、ツヤも失われていきます。

髪のタンパク質がダメージを受けると、少しずつ症状に現れてきます。

少しずつの変化なので、自分ではすぐに気が付かない原因となってしまうのです。

そしてキューティクルが痛んではがれてしまうと、髪がパサパサしてくるので、実年齢よりも老けて見られがちになります。

さらに劣化が進むとパサつきだけでは終わらずに髪質がゴワゴワとしてまとまらなくなり、枝毛や切れ毛が増えてしまいます。

ダメージを受けた髪のケア方法

表面のキューティクルを整えるだけでは髪の内部までケアできませんので、内側からケアしていきましょう。

まずは毎日のシャンプー・リンスをダメージケアしていく種類に変えていきます。

ひどい傷みを整えるためには、ケミカル成分が配合されている物を選びましょう。

そしてトリートメントは、ぜひ洗い流さないタイプの物を選んでください。

もちろん傷んだ髪専用の効果の高いトリートメントが望ましいです。

そして、優しい正しい方法で髪のケアをしましょう。

シャンプー前にはブラッシングをして汚れをとって、髪の絡まりをほぐしておき、少しでも髪によけいな負担をかけないように気をつけましょう。

トリートメントは長めに放置したり、蒸しタオルで温めたりすると効果が高まりますよ。

ドライヤーは、熱からのダメージを避けるように、短時間で効率よくかけましょう。

気をつけるべきことを守りながら、スペシャルケアをして健康な髪を取りもどしていきましょう。

おすすめのアイテム Le ment(ルメント) リペア オイル

Amazonでの購入はこちらから

記事が気に入ったら「いいね!」お願いします。

頭美人では、髪や頭についての気になる記事をご紹介!

https://www.atama-bijin.jp/hair_care/wp-content/uploads/2019/03/96c57207a015ee0b5e932d1bedb463b1-wpcf_300x300.jpg

監修者:頭美人運営事務局

頭美人

頭美人は、「健康は頭から」をコンセプトに運営しているヘアケアメディアです。髪や頭の専門家が集まっており、多数のヘアケア関連のサロンも掲載しています。髪や頭の事で悩んでいたら、きっと頭美人が解決してくれるはずですよ!

ヘッドスパ診断

季節の関連記事

季節の関連記事

日常のトラブル

日常のトラブル

仕事のストレス

仕事のストレス

仕事のストレス

仕事でストレスが溜まって、心身ともに調子が良くない。そんな時は、髪の毛にも影響が…

食生活について

食生活について

食生活について

偏った食生活は、肌や身体の調子が崩すだけでなく、髪にも悪影響を及ぼします。

睡眠について

睡眠について

睡眠について

睡眠不足になると体中の血管が収縮され、頭皮に栄養が行き渡らなくなってしまいます。

喫煙について

喫煙について

喫煙について

喫煙は薄毛や抜け毛など、髪や頭皮にも深刻な影響を与えます。

ワックスやスプレー

ワックスやスプレー

ワックスやスプレー

実は髪に良くない成分が配合されているというのはご存知でしたか?

カラーリングやパーマ

カラーリングやパーマ

カラーリングやパーマ

おしゃれのためにカラーリングやパーマを楽しむなら、適切なケアを忘れずに。

ドライヤーについて

ドライヤーについて

ドライヤーについて

間違った使い方は、髪にダメージを与えてしまいます。

ヘアアイロンについて

ヘアアイロンについて

ヘアアイロンについて

枝毛や切れ毛に悩んでいる方、今の髪の状態がどうなっているかご存知でしょうか?

エクステ/ウィッグ

エクステ/ウィッグ

エクステ/ウィッグ

エクステを付けている時のヘアケア方法をご紹介いたします。

季節

季節

季節

季節が変わると同時に髪の悩みにも変化が起きます。それぞれの季節に多い悩みと適切な…

頭美人おすすめのシャンプー

おすすめシャンプー

ヘアケア記事一覧

ヘッドスパ診断

  • 炭酸泉ヘッドソーダスパって?
  • ノンシリコンシャンプー特集
  • おうちで試してみませんか?
  • ヘアケア用語集
  • ヘッドスパ体験記

人気ページランキング

人気ページランキング

2024年05月29日更新

おすすめクチコミ

おすすめクチコミ

ワヤンプリ 銀座店

中央区 / 銀座

ワヤンプリ 銀座店

店内がリゾート地みたいで、普段と違う空気が楽しめます!観葉植物と心地よいアロマの香りでとても安らぐ…続きを読む

Simple idea Relax 銀座店

中央区 / 銀座

Simple idea Relax 銀座店

ヘッドスパ初体験でしたが、とーってもよかったです! 店内はとても清潔感があって、スタッフの方も皆さん笑…続きを読む

Syma(シーマ)銀座店

銀座一丁目 / 有楽町

Syma(シーマ)銀座店

デスクワークでガチガチになった肩もほぐしてもらいたかったので、肩のマッサージが付いている「頭皮重視脳ほ…続きを読む

頭美人へのご意見・ご要望や
掲載してほしい店舗など
なんでもお聞かせください♪

メールアドレス(任意)

ご意見・ご要望など

ご返信が必要な方は必ず
メールアドレスをご入力ください。