ヘッドスパサロンを探す

こだわりの条件

ヘッドスパ講座

ヘッドスパとは 効果・効能
人気の秘密 自宅でヘッドスパ
お店の選び方 施術の流れ
お悩みQ&A

ヘアケア講座

日常のトラブル 美髪の秘訣
髪の基礎知識 髪の講座
頭皮ケアの講座  

ヘアレシピ

ヘアスタイル×ヘアアレンジ

トップス ボトムス
アウター アクセサリー
オフィス コスプレ
トレンド メイク
ブライダル 学校
女子会 スポーツ
デート  

イベント×ヘアアレンジ

1月 2月
3月 4月
5月 6月
7月 8月
9月 10月
11月 12月

その他のコンテンツ

特集記事 ヘッドスパ診断
前髪美人 ギフトクーポン
ノンシリコンシャンプー特集 ヘアケア用語集
ご利用ガイド クーポンのご利用について
よくあるお問い合わせ 炭酸ヘッドスパ
 

ボタニカルとオーガニックの違い

The difference of botanical and organic

ボタニカルとオーガニックの違い
最近よく耳にする『ボタニカル商品』や『オーガニック商品』、実際何がどう良いのか分からないけど、なんとなく良さそうという理由で使用しているという方も多いのではないでしょうか。

特に、ボタニカルシャンプーやオーガニックシャンプー、ボタニカルヘアオイルやオーガニックヘアオイルなどは、ドラッグストアや量販店に並んでいるので目にする機会は多いでしょう。

実際に、ボタニカルとオーガニックには、どのような違いがあるのでしょうか。

ボタニカルとオーガニックのそれぞれの意味の説明と、オススメのボタニカルシャンプーやトリートメントをご紹介します。

ボタニカルとは

ボタニカルとは「植物の」または「植物物由来の」という意味です。

ヘアケア用品だけではなくファッションやインテリアまで広く用いられる言葉です。

ファッションやインテリアでは、ボタニカル柄というと植物をモチーフにした柄のことを指します。

ファッションやインテリアの商品にもネーミングとして使われているので、”ボタニカル”という言葉が入るだけで、オシャレでナチュラル派の人たちにはとても印象の良い言葉として捉えられることが多いでしょう。

一方、ヘアケア用品にもボタニカルシャンプーなど、ボタニカルを取り入れているアイテムが複数見られます。

これらのアイテムに使われるボタニカルは植物由来といった意味で、植物の成分を配合してあるヘアアイテムに使用されています。

後述しますが、ボタニカル用品ですといって、100% 植物由来のヘア商品というのはほとんど存在しません。
(ヘナ染めなど100%植物由来のヘア商品も一部あります。)

ですので、ボタニカルという言葉が商品名に入っているからといって、その商品が身体に優しいのかというとそういう訳ではないので、商品ごとにしっかり確認しましょう。

オーガニックとは

『オーガニック』とは、有機体と言う意味で、化学肥料や農薬を使用しないで作った野菜、添加物を入れていない食料品などを指す言葉として農業からきた言葉です。

つまりオーガニックとは農法のことで、オーガニックハーブやオーガニック野菜という言葉は、化学肥料や化学農薬を使用しない農法で生産されたものを指します。

それが、コスメやシャンプーなどの美容業界に“良い物”“安全”という肩書きを持って入ってきました。

また、”破壊され続ける自然を守っていこう。”

という自然保護の観点の言葉として使われることもあります。

商品にオーガニックと名づけるためには、多くの基準をクリアしなくてはいけません。

まず化学肥料や化学農薬を使わずに栽培することです。
さらに3年間化学肥料や化学農薬を使用していない農地で栽培する必要があります。

ヘアケア用品では、オーガニック農法で生産された原材料の成分を配合しているものを指します。

ちなみに、オーガニック商品は他の商品と比較して高価な印象があると思いますが、有機栽培をするためには手間がかかるため、その分市場的に希少になります。

その為、自ずと価格が高騰してしまうのは仕方がないことなんです。

関連記事

《シャンプー》オーガニック・自然派・無添加の違いとは

ボタニカルとオーガニックの基準

オーガニックって良いものなの?

今は海外の認定団体や認証機関などが知られてきたり、ある程度の基準がそれぞれで出来てはいますが、JAS(有機栽培)マークで認証された有機野菜などと違い、基準が曖昧でした。

極端な話、有機植物由来の物が何パーセントか配合されていれば、硫酸系の洗浄剤や刺激の強い防腐剤が入っていても、“ボタニカルシャンプー”や“オーガニックシャンプー”と謳って販売できるというわけです。

だからと言って、100%のボタニカルやオーガニック成分の美容薬品のみを基準にするのは、食料品などとは違い、洗浄剤やカラー染料など、美容における薬品は有機栽培の植物のみで作るのは不可能なのも事実です。

また、有機栽培で育てたオーガニックの原料が全て無条件で体や髪に良いというのは、アレルギーや毒性、刺激もある植物もあるため、一概に言う事はできません。

オーガニックは安全なのか

特に食品に関しては、この安全なのかどうかという視点で、よく議論になることがあります。

答えから言ってしまえば、オーガニックな商品は完全に安全ということは言い切れませんが、化学的な添加物が一般的なものよりも入っていない、除かれているもの、を指しますので、化学的な影響という面では、より安全だと言えるでしょう。

ヘアケア商品でいうならば、髪の毛に対して安全かどうかという部分を気にする方はそれほどいないかと思いますが、頭皮に対して安全か否かという部分を気にする方は一定数いるでしょう。

その点では、オーガニックの商品だと、頭皮がしみにくいなどの効果はあるようです。

オーガニック商品でも様々なブランドがたくさんの商品を出しているので、頭皮に悩みを持っている方は、行きつけの美容師さんに相談してみてもいいかもしれませんね。

ボタニカルとオーガニックの違い

シャンプーに代表されるヘアケア用品において、ボタニカルとオーガニックの違いはかなり曖昧です。

オーガニックも植物由来の原材料を使用していますので、ボタニカルの一部というように定義することもできるからです。

そのため、ヘアケア用品におけるボタニカルとオーガニックの違いは、配合されている原材料がオーガニック農法で生産されたかどうかという差のみになります。

ボタニカルやオーガニックという言葉だけでなく自分にあう物をきちんと選ぼう!

上記のように『ボタニカル』や『オーガニック』だからと言って、全てのものが安全というわけではありません。

しかし、オーガニックの認証団体もありますし、シャンプーであれば成分表示の義務もあります。
それを自分で判断しろと言うのも難しいですが、ある程度の基準にはなるかと思います。

髪にも体にも優しくこだわった製品は、もちろんありますし、それがオーガニック製品やオーガニックサロンの、そもそものコンセプトです。

ボタニカルとオーガニックどちらか一方が優れていたり劣っている訳ではないので、どちらかにとらわれることなく、自分の好みや髪質に合った製品を選びましょう

ボタニカルシャンプーを使用する場合の洗い方について

ボタニカルシャンプー、オーガニックシャンプーどちらをとっても髪の毛や頭皮に優しく作られているため、一般的なドラックストアなどで売られているシャンプーにくらべると洗浄力が弱まります。

ですので、シャンプーでの洗い方を一工夫する必要があるんです。

ここではシャンプーの仕方について詳しくご説明していきます。

①ブラッシングする

まずは丁寧にブラッシングをするところから。

特にロングの方は、必ずシャンプー前にブラッシングをしましょう。

このブラッシングをすることで髪の毛の絡まりをほどき、シャンプーをするときの指通りをしたり、髪の毛を痛ませない効果を得られます。

②素洗いする

この素洗いは、ボタニカルシャンプーを用いる場合は特に必要になる手順です。

37℃〜38℃ほどのぬるま湯で髪の毛を濡らして、丁寧に汚れを落としていくように洗いましょう。

一般的にこの素洗いをするだけで、汚れの8割ほどは取れると言われていることからも、洗浄力の優しいボタニカルシャンプーでは特に必要であることがご理解いただけると思います。

③シャンプー液を直接頭皮につけない

この手順はボタニカルシャンプーであろうがなかろうが関係ありませんが、一旦手の平でシャンプーを泡立ててから洗っていくようにしましょう。

洗いムラを防ぐために行なう工程ですので、頭皮と髪の毛に満遍なくシャンプーの泡が行き届くように心がけましょう。

ちなみに、どれくらいの泡立ち具合がベストなのかというと、泡がフワッフワになるほど泡立てる必要はなく、手の平が白くなるくらいで問題ありません。

素洗いして、シャンプーの泡が髪の毛に行き渡るだけで、髪の毛や頭皮に付着している汚れは取れていきます。

あとは優しく洗ってあげるだけです。

④指の腹を使って優しく洗う

ここまでの手順をしっかりと押さえて、あとは指の腹を使ってマッサージをするように頭皮を洗っていきましょう。

優しく洗うことがポイントで、せっかく髪の毛や頭皮に優しいボタニカルシャンプーを使っていても、ゴシゴシ洗ってしまうことで髪の毛や頭皮が傷ついてしまうようなら意味がなくなってしまいます。

また、マッサージすることで頭皮の血行を良くし、頭皮環境を改善することは健やかな髪の毛を育てる上でとても重要なことです。

⑤シャンプーが頭皮や髪の毛に残らないようにすすぐ

頭皮や髪の毛にシャンプー剤が残らないようにしっかりとすすぎましょう。

どのくらいすすげばOKなのかを測る指標として、すすぐ時間があります。

約4分程度すすいであげれば十分にシャンプー剤が取れると言われています。

特に耳の後ろにぬめりが残っていないかを確認して、ぬめりがないようならすすぎの作業は終了です。

ボタニカルシャンプーといえども、頭皮や髪の毛にシャンプー剤が残ることはよくありません。

残ったシャンプー剤は、老廃物が増えてしまう原因になるためです。

以上の手順を参考に丁寧にシャンプーすることを心がけましょう。

おすすめのボタニカルシャンプー

ここからは、おすすめのボタニカルシャンプーをいくつかご紹介します。

おすすめボタニカルシャンプー1位 ハーブガーデンシャンプー

ハーブガーデンシャンプー

内容量:300ml
価格:4,000円
販売元:さくらフォレスト株式会社

ハーブガーデンは100%天然由来成分のボタニカルシャンプーです。
多くの有名女性誌や大手通販会社のランキングで1位を取っている人気商品です。

髪のトラブルには色々あると思いますが、このトラブルを解消するためには、髪の土壌である頭皮の健康を良くする必要があります。
どんなに髪のケアをしても、髪の毛の土壌となる頭皮環境が悪いと美しい髪は生まれてきません。

ですのでハーブガーデンシャンプーは、独自の処方で一滴残らず頭皮の為に作られています。

シャンプーで多くの割合を占めている水には、厳選した7種のオーガニックハーブをベースとしたハーブウォーターを使用。
健康な頭皮を作るために不可欠なミネラルを豊富に含んでいます。

また洗浄成分は、髪と同じアミノ酸系の洗浄剤を使用しています。
体と同じ成分で頭皮を洗浄することで、地肌と髪にダメージを与えず、汚れはきちんと落とします。
泡立ちもしっかりしているので、ボタニカルシャンプーでありがちな、泡立ちや仕上りが悪いということもありません。

15種のオーガニック成分と植物エキスを配合することで、植物の力を積極的に取り入れます。
さらに、フルボ酸の効果でボタニカルの力をパワーアップさせます。

もちろん高保湿成分も入っているので、うるツヤの美髪を実現します。

出典元:ボタニカルシャンプーとは?おすすめランキングもご紹介!

 
公式サイトはこちら

おすすめボタニカルシャンプー2位 美髪へ導く mogans シャンプー

mogans シャンプー

内容量:1週間分(トライアル)
価格:734円
販売元:彩り株式会社

mogansシャンプーは、ノンシリコン・ノンケミカルのボタニカルシャンプーで、コスメの口コミサイトでも1位を取っている人気商品です。

18種類のアミノ酸を独自配合しており、細く弱った髪を内側から整え、健康的に補修します。
ですので、猫毛や細毛におすすめのシャンプーとして非常に人気です。

従来のシャンプーやコンディショナーなどは、ただ髪をコーティングするだけだったのですが、mogansは髪と同じアミノ酸を使用することで、髪をより細かく補修・保湿します。
数多くのアミノ酸の中から本当に必要な18種類を厳選し、髪の奥の奥から浸透成分が働きかけます。

洗浄成分も、コンスターチとココナッツ由来のアミノ酸系の成分で、不要なものだけ落として大切なセラミドは落とさない、とても優しい成分です。

トライアルキットを体験したお客様は、100%全員が髪や頭皮に変化を感じたと回答するほどの優れものです。

天然のアロマを贅沢に使用しているので、髪も心も癒される香りがさらにボタニカルを感じさせます。

ふんわりした髪にしたい方には、オススメのボタニカルシャンプーです。

出典元:ボタニカルシャンプーとは?おすすめランキングもご紹介!

 
公式サイトはこちら
 

おすすめボタニカルシャンプー3位 haru黒髪スカルプ・プロ

haru シャンプー

内容量:400ml
価格:3,600円
販売元:株式会社nijito

黒髪スカルプ・プロは、100%天然由来でノンシリコンのボタニカルシャンプーです。

販売実績で100万本を突破しており、満足度も95%以上の人気商品です。
特徴は、化学成分・髪の悩みサイン・キシミや仕上げの悪さがゼロの、ゼロシャンプーです。

天然由来の洗浄成分でクレンジングし、天然エイジングケア成分が頭皮環境を整えます。
毛穴にはスタイリング剤などの蓄積汚れがたくさん残っているので、しっかりと落とします。

また、メラニンやメラノサイトのメカニズムに着目し、配合されたヘマチンやミネラルがツヤのある黒髪を迎えやすい頭皮環境に整えます。
さらに、頭皮サイクルに働きかける「キャピキシル」を高濃度に配合することで、頭皮環境を整え、洗う度に美しい髪に導きます。

黒髪スカルプ・プロは、オリーブやオレンジなどの天然の精油がダメージを補修しながら髪をコーディングするので、リンスやコンディショナーが必要ありません!
シャンプー1本で、毛先までするっとまとまるツヤ髪が実現できます。

見た目年齢をマイナス5歳にしてくれる黒髪スカルプ・プロ、40代以降の女性には特におすすめのボタニカルシャンプーです。

出典元:ボタニカルシャンプーとは?おすすめランキングもご紹介!

 
公式サイトはこちら

おすすめボタニカルシャンプー4位 ベルタシャンプー

ベルタ_シャンプー・トリートメント

価格:2,980円
内容量:220ml
販売元:株式会社ビーボ

ベルタシャンプーは、3種の高保湿オイルと12種のオーガニックエキスを含む、37種類のボタニカル成分を配合した、ボタニカルシャンプーです。

オイルには、ホホバ種子油・アルガニアスビノサ核油・オリーブ果実油が配合されており、頭皮環境を健やかな肌へ導きます。

またボタニカル成分の他、頭皮のエイジングケアを考えた成分を豊富に配合しており、その数は78種類にもなります。

ですので、美容液と遜色ないレベルの成分がふんだんに使われているので、髪や頭皮を徹底的にサポートします。

ボタニカルシャンプーで弱点になりがちな洗浄力も、パパイン酵素を配合することで、余分な皮脂汚れをしっかり落とします。

泡立ちもばつぐんで、ノンシリコンシャンプーとは思えない洗い上がりです。

髪や頭皮に優しいシャンプーを使いたい方、是非一度おためしください。

公式サイトはこちら

 
シャンプー選びに困っている方は、以下のページも参考にして、自分に合うシャンプーを選んでみてください。

関連記事

ボタニカルシャンプーとは?おすすめランキングもご紹介!

記事が気に入ったら「いいね!」お願いします。

頭美人では、髪や頭についての気になる記事をご紹介!

https://www.atama-bijin.jp/hair_care/wp-content/uploads/2019/03/96c57207a015ee0b5e932d1bedb463b1-wpcf_300x300.jpg

監修者:頭美人運営事務局

頭美人

頭美人は、「健康は頭から」をコンセプトに運営しているヘアケアメディアです。髪や頭の専門家が集まっており、多数のヘアケア関連のサロンも掲載しています。髪や頭の事で悩んでいたら、きっと頭美人が解決してくれるはずですよ!

ネット予約可能な厳選サロン特集!

髪の基礎知識

髪の基礎知識

今注目されているヘッドスパクーポン

今注目されているヘッドスパクーポン

薄毛や抜け毛の予防におすすめのノンシリコンシャンプー

おすすめノンシリコンシャンプー

ヘアケア記事一覧

ヘッドスパ診断

  • 炭酸泉ヘッドソーダスパって?
  • ノンシリコンシャンプー特集
  • おうちで試してみませんか?
  • ヘアケア用語集
  • ヘッドスパ体験記

人気ページランキング

人気ページランキング

2019年09月20日更新

おすすめクチコミ

おすすめクチコミ

ワヤンプリ 銀座店

中央区 / 銀座

ワヤンプリ 銀座店

店内がリゾート地みたいで、普段と違う空気が楽しめます!観葉植物と心地よいアロマの香りでとても安らぐ…続きを読む

Simple idea Relax 銀座店

中央区 / 銀座

Simple idea Relax 銀座店

ヘッドスパ初体験でしたが、とーってもよかったです! 店内はとても清潔感があって、スタッフの方も皆さん笑…続きを読む

Syma(シーマ)銀座店

銀座一丁目 / 有楽町

Syma(シーマ)銀座店

デスクワークでガチガチになった肩もほぐしてもらいたかったので、肩のマッサージが付いている「頭皮重視脳ほ…続きを読む

頭美人へのご意見・ご要望や
掲載してほしい店舗など
なんでもお聞かせください♪

メールアドレス(任意)

ご意見・ご要望など

ご返信が必要な方は必ず
メールアドレスをご入力ください。